神奈川県小田原市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは小田原市の求人一覧を掲載しています。小田原城やかまぼこで知られる小田原市。英語講師など子どもに関わる仕事をはじめ、家事代行、リラクゼーション施設での仕事など、さまざまな求人があなたの活躍を待っています。

検索結果4件 1-4件目を表示

株式会社リビングプロシード

掲載期間:2018-11-18~

お仕事No.:配布スタッフ募集【田園都市版】

お給料 月額1万円程度(部数等により変わります)
地域・駅 横浜市青葉区、都筑区、緑区
勤務時間/シフト 木〜金曜の間の隙間時間に!
PR

\\☆★・・・空いた時間にできる!・・・★☆/

月に2〜3回(木曜日〜金曜日)、
1回あたり2〜4時間の空いた時間にできるお仕事です!

「子供が幼稚園に行っている間だけ働きたいわ」
「ちょっと空いた時間に副業を考えているんだけど…」
なんて方にピッタリ♪

運動不足を気にしている方にもオススメです!
ちょっとしたお小遣いを稼ぎながら運動不足も解消されて、一石二鳥!

しかもフジサンケイグループの企業なので安心です♪
主婦の方も多数活躍していらっしゃいますよ!
退職後のお父さんの健康維持にも。男性も大歓迎です

お給料 時給 :1,500円以上
昇給あり、あなたのやる気次第で契約社員としての登用もあります!

交通費:1件 800円支給
地域・駅 神奈川県内の各駅
勤務時間/シフト 週1日以上、9:00〜20:00 の間で1日2時間以上
好きな曜日・時間に働けます!
「午前/午後のみ」 「土日のみ」 など

※就業時間の一例:9:30〜11:30/10:00〜13:00など
PR

社会環境や生活スタイルの変化により、家事のアウトソーシングに対するニーズが、いま急速に高まっています
私たち「マミーメイト」は、28年の歴史を通じて「ご紹介」や「クチコミ」のみで家事代行サービスを提供しお客さまから絶大な信頼を寄せられ続ける「東美マミーメイト」の哲学を受け継ぐ、新会社。
お客さまのご自宅の中でサービスを提供する者として、何よりも信頼と安心を大切にすることはもちろん、どなたでも気軽に利用でき、少しでも生活を豊かにするお手伝いができるよう努めてまいります。
家事代行とは、まさに「人」による「人」へのサービス。
長年にわたって携わってきた人材サービス業での経験を活かし、ホスピタリティーあふれる、心の通い合うハウスキーピングサービスを創り上げてゆきます。

株式会社CaSy(カジー)

掲載期間:2018-11-18~

お給料 時給1,450円以上♪
やる気次第で、昇給もあります!
地域・駅 お好きなエリアでお仕事できます♪
勤務時間/シフト お好きな時間・お好きなタイミングで働けます♪
CaSy(カジー)のサービス時間は、朝の8時から夜の20時になります!
PR

♪主婦の≪働きやすいB大要素≫をそろえました♪
@東京23区を中心に、お好きな場所で働けます!(東京23区以外も相談可能)
A好きな時間・好きなタイミングで働けます!
B普段のお掃除の経験が活かせます!

『CaSy(カジー)』のサービスをご利用いただくことで、お客様に幸せな時間をお届けする』
そんな世界を私達は創りたいと考えています!

あなたが普段行っている掃除などの「家事」は、誰かを笑顔にできる立派な≪スキル≫
私達は、家事代行というサービスを当たり前の存在にし、女性の社会進出をサポートしていきたいと考えています。

このような私達の考えに共感して下さる方なら大歓迎!!
お客様の毎日を笑顔にする、やりがいのあるお仕事を、一緒に始めませんか?

働きやすい環境なので、家事と育児も両立できますよ♪

株式会社セルート

掲載期間:2018-11-18~

お給料 1件3,000円〜10,000円
例:新宿→江東区(約4,000円)
  さいたま市→越谷市(約5,000円)
  千葉市稲毛区→市原市(約7,500円)
地域・駅 本社:新宿区高田馬場 西日本支社:大阪市福島区福島(他各エリア募集)
勤務時間/シフト 1週間前〜前日にお仕事に入れるか打診します。
可能な場合は、その配送に合わせて稼動いただきます。
PR

主夫・主婦の方や在宅ワークの方、空いている軽自動車を有効活用しませんか?
治験薬を病院まで運んだり、検体を回収したりする仕事です。

検索結果4件 1-4件目を表示

あなたにおすすめの記事

小田原市あれこれ

小田原市は、神奈川県南西部に位置し、特例市に指定されています。戦国時代は後北条氏の城下町として、江戸時代は小田原藩の城下町、また東海道小田原宿の宿場町としても栄えました。戦国時代に北条氏が5代にわたり居城した小田原城は、南関東の中心拠点として規模を拡大し、「難攻不落」「無敵の城」といわれていました。豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏が滅亡した後、城主が変わる度に改修・再整備を行い、明治3年に廃城となりました。その後、復元工事が行われ、現在では国の史跡に指定されて観光スポットとして多くの観光客が訪れています。小田原城址公園には、「日本桜の名所100選」にも選ばれていて、3月から4月にかけて桜の開花シーズンには「小田原かまぼこ桜まつり」も開催され、多くの観光客が訪れます。7月下旬には、小田原ちょうちんをシンボルにした「小田原ちょうちん祭り」が開催され、お堀に2,000こ以上のちょうちんが灯され、幻想的な雰囲気をかもしだしています。人口は約20万人、市の木はクロマツ、市の花はウメです。特産品は、小田原ちょうちん、かまぼこ、梅、オシツケなど。近年では、小田原バーガーやかまぼこドッグなども売られるようになりました。ちなみに、小田原市のキャラクターに梅をモチーフにした「梅丸」がいます。小田原駅に直結している「小田原ラスカ」は、食品、ファッション、書店、雑貨までなんでも揃い、お土産も買うことができるので観光客にとっても利便性の高い複合施設です。小田原駅の西口広場には、北条早雲公像が建っています。小田原駅には、「HaRuNe小田原」という地下街もあります。小田原港には、新鮮な魚介類がその場で食べられる小田原早川漁村がある。小田原こどもの森公園わんぱくらんどは「遊びに熱中できる感度と発見の公園」をテーマに掲げ、子供たちが自然の中で身体を使ったり生き物と触れ合ったりしながら、のびのびと自由に遊べるように工夫をこらしています。