東京都羽村市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、羽村市の求人一覧を掲載しています。JR東日本の青梅線が乗り入れ、羽村、小作の2駅があります。教育にも力を入れており、9年間の小中一貫教育を採用、英語教育は小学校1年から課されています。これら教育に関わる塾講師などをはじめ、介護・福祉系の仕事などが期待できます。

検索結果3件 1-3件目を表示

株式会社デリカさぼてん

掲載期間:2018-06-16~

お仕事No.:さぼてん2014

お給料 月給21.2万〜26.9万円
※研修期間(6〜12ヶ月)は月給20.6万
※店長昇格以降賞与有り
※報奨金制度(インセンティブ)有り
地域・駅 勤務地によりアクセス方法は異なります!※ほとんどの店舗は駅からすぐの立地で、通勤にも便利!
勤務時間/シフト 9:00〜23:00(この時間の中でシフト制)
店舗により営業時間は異なります。
9:00〜11:00開店、20:00〜23:00閉店の店舗が一般的です。

月単位でシフトを作成しそのスケジュールに基き勤務をします。

※一カ月単位の変形労働時間制となります。
PR

【地域に根付いた「とんかつ新宿さぼてん」づくり】

★笑顔とやる気があれば未経験大歓迎です! 
★家庭と両立している社員もたくさんいます!
★社員特典!さぼてんの商品が3割引で購入可能です。
 お子さんのお弁当、夕飯のおかずにも困りません♪
★転勤なし!エリア限定の【正社員採用】です。

【こんな方たちが店長になりました!】
⇒45歳 元専業主婦
「子育てが一段落したから、もう一度社会に出たい!」

⇒39歳 元化粧品会社 美容部員
「年齢を重ねても、働ける職場に行きたい。」

⇒41歳 元接客業でのパート従業員
「正社員として生計を立てていきたい!」

⇒45歳 元専業主婦
「事務仕事は苦手だけど、人と接することが得意。人と関わる仕事がしたい。」

⇒35歳 元事務員
「認められる仕事がしたい。責任感を持って働きたい!」

⇒37歳 シングルマザー
「子供のためにも、正社員で長く働きたい!」

大地フーズ販売株式会社 試食販売スタッフ(東京勤務)

掲載期間:2018-06-16~

お仕事No.:大地フーズ販売株式会社 試食販売スタッフ(東京勤務)

お給料 時給1000円以上+インセンティブ
地域・駅 勤務地に寄る
勤務時間/シフト 10:00〜20:00
◆実働5〜8時間、週5日勤務
※自己申告シフト制
PR

◆当社の人気商品を試食販売するお仕事です◆

オリジナルの人気食品を、販売店舗のブースで販売するお仕事です♪

お客様に試食してもらうだけで、
自然と購入していただけることが多いので
まずは会話を楽しみながら働いて下さいね!

個人の販売ノルマも設けていないので
無理なくお仕事をしていただけます♪

ALSOK東京株式会社

掲載期間:2018-06-16~

お給料 固定給167,000円〜180,500円
※時間外(残業)手当などの諸手当は別途支給
地域・駅 勤務地による(東京都内、23区中心)
勤務時間/シフト 【勤務時間例】
9:00〜18:00(実働時間 8時間、休憩1時間)
4週8休制
※始業・終業時間は勤務地によって多少異なります。
※日によって早出・遅番の可能性あり。
※休日に勤務が発生する場合があります。
 女性時間外平均:10時間強/月程度
PR

私たちは、東京都内で活躍しているALSOKグループの会社です。
今回募集しているのは、「日勤」のみのセキュリティスタッフです。

警備というと、堅いイメージをまずお持ちかもしれませんが、
実際はサービス・接客といった要素が強く、むしろ『建物の顔』となる仕事です。
当社のお客様は、ホテルやテレビ局といった大型施設。
施設を利用するお客様の日常をサポートして頂きます。

今回の求人は業務拡大に伴うもの。45歳までの方は正社員で採用します。
警備未経験の方でもキャリアアップが可能。安心して働ける環境はこちらでご用意します。
正社員としてしっかり働きたい!そんなあなたのご応募≪お待ちしています!!≫

検索結果3件 1-3件目を表示

あなたにおすすめの記事

羽村市あれこれ

新宿から電車で45分、面積は9.90平方キロメートルと全国で7番目に小さい市町村です。南側は福生市と接しており、米軍横田基地の一部は羽村市です。以前は養蚕中心の農村でしたが、工場誘致で人口が増えて東京のベッドタウンとなりました。工業団地にはカシオ計算機羽村技術センター、三和電気計器、日野自動車、オーデリック、の各工場などがあります。2013年に閉鎖された日立国際電気の工場跡地にはイオンタウン羽村の建設が予定されています。多摩川が市の西側を流れており、玉川上水の取水口があります。水道水は恵まれた地下水を使用し、「水はむら」というネーミングでペットボトル水を販売しています。武蔵野の緑に恵まれ、約120種類の野鳥が生息し、貴重な保護鳥であるアオバズクが市の鳥です。平成23年に市政20周年を迎え、更なる発展が目指されています。JR東日本の青梅線が乗り入れ、羽村、小作の2駅があります。羽村駅周辺には公的施設や商業施設が集まり、羽村取水堰、まいまいず井戸、羽村市動物公園も徒歩圏内です。羽村取水堰は桜の時期は出店や夜桜のライトアップがあり、お花見を楽しめます。近くの羽村市郷土博物館で詳しい歴史などが展示されています。まいずまいず井戸は武蔵野台地で多く見られるすり鉢状の井戸で、東京都指定史跡として五ノ神神社の境内に残されています。羽村動物公園は小規模ながら、動物を近くで鑑賞できると好評です。また、駅前からは西多摩郡のザ・モールみずほ16への無料シャトルバスが出ています。春には1カ月近くの間、はむら花と水のまつりが開催され、前期はさくら、後期はチューリップが見頃となります。チューリップは根がらみ前水田の裏作で、関東最大規模の約40万本を楽しめます。夏には約2000年前の古代ハスといわれる大賀ハスが開花し、可憐な姿を見せてくれます。市は教育にも力を入れており、9年間の小中一貫教育を採用、英語教育は小学校1年から課されています。