東京都青梅市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、青梅市の求人一覧を掲載しています。JR東日本青梅線が市内を縦断し、中心となる青梅駅周辺には公的施設や観光スポットが集まっています。それらの施設の求人をはじめ、スーパーの販売、介護、看護、銀行など地元で働ける仕事が、各分野揃っています。

検索結果2件 1-2件目を表示

株式会社マミーメイトサービス

掲載期間:2018-09-12~

お給料 時給 :1,500円以上
昇給あり、あなたのやる気次第で契約社員としての登用もあります!

交通費:1件 800円支給
地域・駅 お好きなエリアでお仕事できます! 東京23区 他都内(サービス提供エリア)
勤務時間/シフト 週1日以上、9:00〜20:00 の間で1日2時間以上
好きな曜日・時間に働けます!
「午前/午後のみ」 「土日のみ」 など

※就業時間の一例:9:30〜11:30/10:00〜13:00など
PR

社会環境や生活スタイルの変化により、家事のアウトソーシングに対するニーズが、いま急速に高まっています
私たち「マミーメイト」は、28年の歴史を通じて「ご紹介」や「クチコミ」のみで家事代行サービスを提供しお客さまから絶大な信頼を寄せられ続ける「東美マミーメイト」の哲学を受け継ぐ、新会社。
お客さまのご自宅の中でサービスを提供する者として、何よりも信頼と安心を大切にすることはもちろん、どなたでも気軽に利用でき、少しでも生活を豊かにするお手伝いができるよう努めてまいります。
家事代行とは、まさに「人」による「人」へのサービス。
長年にわたって携わってきた人材サービス業での経験を活かし、ホスピタリティーあふれる、心の通い合うハウスキーピングサービスを創り上げてゆきます。

お給料 月給:19万円以上
※これまでのご経験・能力を考慮のうえ、決定します。
※ベル検定(社内検定)をパスすると、それに応じて昇給します。
※1ヶ月の試用期間中は時給制:1300円となります。
地域・駅 店舗によって、最寄駅は異なります
勤務時間/シフト 9:30〜21:30 (実働8時間、休憩お昼60分、夕方30分・シフト制)
PR

ファッション・ライフスタイル業界に特化して総合人財サービスを提供するインター・ベル。
国内有名セレクトショップ、国内大手アパレル、新進気鋭のデザイナー、外資系ラグジュアリーブランド、有名スポーツアパレルなど日本にファッションビジネスを展開するブランドと様々な形でお店を通じて、取引をしています。
ファッショに関わる販売職の方々=プロフェッショナルの生涯価値の向上をサポートし、結果的に社会や人に貢献することを目指すことが我々のミッションです。
経験者だけでなく、未経験者でも人に喜んでもらいたいとか、人の笑顔を見たいという気持ちのある方は、弊社独自のカリキュラムベル販売検定があるので必ず成長できます!
そして販売職を経た後には、日本だけでなく世界のファッション業界に羽ばたく人財として活躍してほしいと願っています!

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

青梅市あれこれ

多摩地域の北西部に位置し、面積は103.31平方キロメートル、都内で4番目に広い市域を有しています。市の木はスギ、花はウメです。関東山地から武蔵野台地に広がり、中心部を流れる多摩川流域には古くから集落が発生し、今も縄文時代の遺跡がたくさん残っています。弥生時代には稲作が始まり、集落は都内で最大規模となりました。平安期には国府造営の木材を供給するようになり、江戸時代には青梅街道の宿場町として栄え、幕府直轄地として織物の青梅縞、青梅綿、木材の青梅杉、青梅丸太を産出しました。青梅町・霞村・調布村の合併で昭和26年に青梅市となり、その後、林業や織物業は衰退しましたが、企業誘致や観光開発で新たな発展を遂げようとしています。タオルで知られるホットマンは青梅市に本社を置き、日立製作所、日立ライティング、カシオ計算機、セーラー万年筆などの事業所があります。JR東日本青梅線が市内を縦断し、中心となる青梅駅周辺には公的施設や観光スポットが集まっています。青梅鉄道公園、青梅市立小島善太郎美術館、昭和レトロ商品博物館と青梅赤塚不二夫会館、枝垂桜で知られる金剛寺、5月に青梅大祭が行われる住吉神社も徒歩圏内です。御嶽駅は御岳山への入口で、周辺には玉堂美術館、せせらぎの里美術館などがあります。御岳山は本格的な登山の他、御岳登山鉄道のケーブルカー、リフトを利用し、散策コースで山頂の武蔵御嶽神社までハイキングすることもできます。奥多摩フィッシングセンターではマスの放流が行われ、大人も子供も渓流釣りが楽しめます。河辺駅前には河辺温泉梅の湯があり、5月は約2万本のつつじを鑑賞できる塩船観音寺へのバスが出ています。1月に旧青梅街道沿いで行われる青梅だるま市は年始の風物詩となっています。2月の青梅マラソンは国内外から約15,000人が参加する日本最大のマラソン大会です。春は吉野梅郷が人気でしたが、現在は閉園となっており、再開が待たれます。