東京都国立市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、国立市の求人一覧を掲載しています。中央線国分寺駅と立川駅の間にできた国立市(くにたちし)は、東京都の多摩地区にあり、全国の市の中で、4番目に小さい市です。家事代行やスーパー、銀行、学習塾の講師など、地域で働ける求人が多いエリアです。

検索結果3件 1-3件目を表示

大同生命保険株式会社

掲載期間:2018-01-01~

お給料 月給15万〜25万円(一律手当含)+諸手当
※採用時支給額。地域・能力により異なります。
◆支給例
東京・神奈川・千葉・埼玉の支社:月給20万円〜25万円

◆職員の平均給与例
月給38万3000円(平成27年度実績)
※給与は年間平均の税込定例給与。賞与は含みません。
地域・駅 東京全域、神奈川全域、埼玉全域、千葉全域
勤務時間/シフト 9:00〜17:00
※残業はほとんどなし。
 17時にはきっちり退社し夕飯の準備をする主婦さんが多いです。
※都内は9:20〜17:20
PR

<<企業福利厚生プランナー(法人営業)のお仕事って?>>
中小企業が多く参加している団体「法人会」の会員企業さまを訪問し、
「福利厚生制度」としての保険のコンサルティングセールスや加入後のアフターフォローを行うお仕事です。
訪問先は企業のみで、個人宅訪問ではありません。訪問先は、弊社で準備いたします。
弊社の指導に従って活動するので、安心して仕事に取り組めます。

<<未経験&ブランクOK!30〜40代女性活躍中!その理由は?>>
・「プラチナくるみんマーク」取得の子育てサポート企業です。
・半日有給制度で、PTA活動、参観日、個人面談などの学校行事にも参加できます。
・営業未経験者、専業主婦、パートの方も安心スタートできる充実の「研修制度」があります。

ママが多く活躍しているのでお子様の「学校行事」「急な発熱」等の際も気兼ねなく有休がとれます。
研修もしっかりあるので、営業・金融系未経験でも、ブランクあっても安心♪
保険・税務・年金の知識も身につきます!

働く女性応援☆育児と仕事を両方がんばりたい方にオススメです。

ソラスト国立 ホームヘルパー

掲載期間:2018-01-01~

お仕事No.:16011101

お給料 ★昇給制度あり★ お仕事を頑張るとポイントが貯まり、お給与が上がる仕組みがあります!
身体介護 1,700〜2,525円
生活援助 1,300〜2,125円
※早朝・夜間は25%UP、日曜日は35%UPの金額になります。
地域・駅 JR中央線「国立駅」より徒歩17分
JR中央線「立川駅」よりバス「車検場」徒歩2分
勤務時間/シフト 8:00〜20:00の間で、シフトにより決定。
月〜日曜で、勤務日数・曜日はご相談に応じます。
週何日、何時間でもOK!
PR

ソラストの訪問介護は週1日から働ける自由なシフトで、プライベートと両立しながら無理なく働くための制度が充実しています。20代〜60代まで幅広い年齢層の社員が活躍しており、出産や育児などで一時的に就労を中断しても長く働ける環境が整っています。ダブルワークも可能です。

株式会社デリカさぼてん

掲載期間:2018-01-01~

お仕事No.:さぼてん2014

お給料 月給21.2万〜26.9万円
※研修期間(6〜12ヶ月)は月給20.6万
※店長昇格以降賞与有り
※報奨金制度(インセンティブ)有り
地域・駅 勤務地によりアクセス方法は異なります!※ほとんどの店舗は駅からすぐの立地で、通勤にも便利!
勤務時間/シフト 9:00〜23:00(この時間の中でシフト制)
店舗により営業時間は異なります。
9:00〜11:00開店、20:00〜23:00閉店の店舗が一般的です。

月単位でシフトを作成しそのスケジュールに基き勤務をします。

※一カ月単位の変形労働時間制となります。
PR

【地域に根付いた「とんかつ新宿さぼてん」づくり】

★笑顔とやる気があれば未経験大歓迎です! 
★家庭と両立している社員もたくさんいます!
★社員特典!さぼてんの商品が3割引で購入可能です。
 お子さんのお弁当、夕飯のおかずにも困りません♪
★転勤なし!エリア限定の【正社員採用】です。

【こんな方たちが店長になりました!】
⇒45歳 元専業主婦
「子育てが一段落したから、もう一度社会に出たい!」

⇒39歳 元化粧品会社 美容部員
「年齢を重ねても、働ける職場に行きたい。」

⇒41歳 元接客業でのパート従業員
「正社員として生計を立てていきたい!」

⇒45歳 元専業主婦
「事務仕事は苦手だけど、人と接することが得意。人と関わる仕事がしたい。」

⇒35歳 元事務員
「認められる仕事がしたい。責任感を持って働きたい!」

⇒37歳 シングルマザー
「子供のためにも、正社員で長く働きたい!」

検索結果3件 1-3件目を表示

あなたにおすすめの記事

国立市あれこれ

国立市(くにたちし)は、東京都の多摩地区にあり、全国の市の中で、4番目に小さい市です。地名の由来は、中央線国分寺駅と立川駅の間にできる新しい駅とこの地域を、両駅から1字ずつ取って「国立」と名付けたそうです。「国立」は「こくりつ」と間違えられやすいのと、「国立音楽大学」のように私立民営のものを国立施設と誤解されやすいため「くにたち」と仮名表記されることもあります。例として「国立図書館」は「くにたち図書館」。東京都文教地区建築条例により、学園都市エリアは文教地区に指定されています。文教地区とは、教育施設の周辺や通学路に教育上良くないとされるパチンコ店や風俗店、ホテルなどの業種の進出に規制を設けている地区のことです。現在、多くの学校を有する緑豊かで落ち着きのある町並みは、文教地区指定によって守られています。市内の鉄道はJR中央本線が国立駅、南武線が谷保駅・矢川駅を通っています。ちなみに西国立駅は立川市です。市の中心的駅は国立駅。その国立駅の旧駅舎と、猫がモチーフになっている市公認キャラが「くにニャン」です。くにニャンは昔、国立旧駅舎に出入りしていた猫の妖精と言われていて、お腹にある扉の中では鳥を飼っているといううわさです。プロフィールは、身長:変幻自在、体重:とても軽い、好物:ショートケーキ、趣味:カフェと喫茶店めぐり、好きな場所:大学通り、となっています。くにニャンはツィッターをしています。「花見で飲みすぎてツイートを休んでしまったニャン」や「新社会人に忠告ニャン。残業を重ね頭がおかしくなったきたときに課金ゲームに手を出すと狂ったように課金しちゃうから注意するニャン」というような、市公認のわりに柔軟な発言をしています。ゆるキャラブームも過ぎ去った感がありますが、このテイストのつぶやきは継続していってほしいと思うと同時に、国立市民やそれ以外の人々にも愛され続けるゆるキャラでいてほしいですね。