東京都清瀬市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、清瀬市の求人一覧を掲載しています。ニンジンの収穫量が、都内で最大の清瀬市。農家の方々の意識も高く、農産物のブランド化に力を入れています。家事代行やスーパー、銀行、学習塾の講師など、地域で働ける求人が多いエリアです。

検索結果2件 1-2件目を表示

株式会社マミーメイトサービス

掲載期間:2018-12-01~

お給料 時給 :1,500円以上
昇給あり、あなたのやる気次第で契約社員としての登用もあります!

交通費:1件 800円支給
地域・駅 お好きなエリアでお仕事できます! 東京23区 他都内(サービス提供エリア)
勤務時間/シフト 週1日以上、9:00〜20:00 の間で1日2時間以上
好きな曜日・時間に働けます!
「午前/午後のみ」 「土日のみ」 など

※就業時間の一例:9:30〜11:30/10:00〜13:00など
PR

社会環境や生活スタイルの変化により、家事のアウトソーシングに対するニーズが、いま急速に高まっています
私たち「マミーメイト」は、28年の歴史を通じて「ご紹介」や「クチコミ」のみで家事代行サービスを提供しお客さまから絶大な信頼を寄せられ続ける「東美マミーメイト」の哲学を受け継ぐ、新会社。
お客さまのご自宅の中でサービスを提供する者として、何よりも信頼と安心を大切にすることはもちろん、どなたでも気軽に利用でき、少しでも生活を豊かにするお手伝いができるよう努めてまいります。
家事代行とは、まさに「人」による「人」へのサービス。
長年にわたって携わってきた人材サービス業での経験を活かし、ホスピタリティーあふれる、心の通い合うハウスキーピングサービスを創り上げてゆきます。

お給料 月給:19万円以上
※これまでのご経験・能力を考慮のうえ、決定します。
※ベル検定(社内検定)をパスすると、それに応じて昇給します。
※1ヶ月の試用期間中は時給制:1300円となります。
地域・駅 店舗によって、最寄駅は異なります
勤務時間/シフト 9:30〜21:30 (実働8時間、休憩お昼60分、夕方30分・シフト制)
PR

ファッション・ライフスタイル業界に特化して総合人財サービスを提供するインター・ベル。
国内有名セレクトショップ、国内大手アパレル、新進気鋭のデザイナー、外資系ラグジュアリーブランド、有名スポーツアパレルなど日本にファッションビジネスを展開するブランドと様々な形でお店を通じて、取引をしています。
ファッショに関わる販売職の方々=プロフェッショナルの生涯価値の向上をサポートし、結果的に社会や人に貢献することを目指すことが我々のミッションです。
経験者だけでなく、未経験者でも人に喜んでもらいたいとか、人の笑顔を見たいという気持ちのある方は、弊社独自のカリキュラムベル販売検定があるので必ず成長できます!
そして販売職を経た後には、日本だけでなく世界のファッション業界に羽ばたく人財として活躍してほしいと願っています!

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

清瀬市あれこれ

女優・堀北真希の出身地である清瀬市は、自然が豊かで農業が身近に感じられる風景が特徴です。農地面積が市総面積の約20%を占めていて、特にニンジンの収穫量は、都内で最大となっています。ホウレン草をはじめ、多数の農作物において都内で有数の産地となっています。農家の方々の意識も高く、農産物のブランド化に力を入れています。ブランド化された清瀬産ニンジン「ベータ−キャロット」は、芯まで赤く、βカロテンが多く含まれており、とても健康に良いです。味は甘くニンジン臭さが少ないので、ジュースやサラダがおすすめです。、ニンジンを使った特産品「きよせにんじんジャム」は、清瀬産のニンジンを100%使用し、そこにりんごやレモンを加えて食べやすくしました。パンだけでなく、ヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。ネットでの注文もできます。「君暮らす街」という名のニンジン焼酎も数量限定で市内酒屋さんで販売されています。甘味の強い清瀬のブランドニンジン「ベーターキャロット」を使っていて、味はコクのある美味しさにしあがっています。焼酎のラベルは、ペーパークラフトの第一人者で、清瀬市在住の太田隆司さんが制作しました。 このラベルを好んで購入する人も多く、皆様から支持される商品となりました。「君暮らす街」という名前の由来は 「まっ直ぐで飾らず、キレイに生活感がある。街を人を愛しむ気持ちと過ぎし日を懐かしむ…」という気持ちを込めたそうです。毎年「清瀬市農業まつり」が行われています。生産者と消費者の交流を深めることを目的としており、清瀬産農産物の直売や、優れた農産物が出品される品評会も同時に開催されます。圧巻なのは、野菜で作られた大きな宝船。江戸時代頃から始められた野菜の宝船の風習は、五穀豊穣や人々の健康、新年の初出荷を祝う初荷(はつに)として作られたそうです。ちなみに野菜の宝船で使われた野菜はチャリティー配布されます。