東京都東大和市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、東大和市の求人一覧を掲載しています。東大和市は、東京都の多摩地域北部にある、人口約8万人のベッドタウン。名産品の狭山茶は、静岡茶、宇治茶とともに日本三大茶の一つとして有名です。お仕事は、家事代行やスーパー、銀行、学習塾の講師など、地域で働ける求人が多いエリアです。

検索結果2件 1-2件目を表示

ALSOK東京株式会社

掲載期間:2018-12-16~

お給料 固定給170,000円〜193,500円
※時間外(残業)手当などの諸手当は別途支給
地域・駅 勤務地による(東京都内、23区中心)
勤務時間/シフト 【勤務時間例】
9:00〜18:00(実働時間 8時間、休憩1時間)
4週8休制
※始業・終業時間は勤務地によって多少異なります。
※日によって早出・遅番の可能性あり。
※休日に勤務が発生する場合があります。
 女性時間外平均:10時間強/月程度
PR

私たちは、東京都内で活躍しているALSOKグループの会社です。
今回募集しているのは、「日勤」のみのセキュリティスタッフです。

警備というと、堅いイメージをまずお持ちかもしれませんが、
実際はサービス・接客といった要素が強く、むしろ『建物の顔』となる仕事です。
当社のお客様は、ホテルやテレビ局といった大型施設。
施設を利用するお客様の日常をサポートして頂きます。

今回の求人は業務拡大に伴うもの。45歳までの方は正社員で採用します。
警備未経験の方でもキャリアアップが可能。安心して働ける環境はこちらでご用意します。
正社員としてしっかり働きたい!そんなあなたのご応募≪お待ちしています!!≫

株式会社マミーメイトサービス

掲載期間:2018-12-16~

お給料 時給 :1,500円以上
昇給あり、あなたのやる気次第で契約社員としての登用もあります!

交通費:1件 800円支給
地域・駅 お好きなエリアでお仕事できます! 東京23区 他都内(サービス提供エリア)
勤務時間/シフト 週1日以上、9:00〜20:00 の間で1日2時間以上
好きな曜日・時間に働けます!
「午前/午後のみ」 「土日のみ」 など

※就業時間の一例:9:30〜11:30/10:00〜13:00など
PR

社会環境や生活スタイルの変化により、家事のアウトソーシングに対するニーズが、いま急速に高まっています
私たち「マミーメイト」は、28年の歴史を通じて「ご紹介」や「クチコミ」のみで家事代行サービスを提供しお客さまから絶大な信頼を寄せられ続ける「東美マミーメイト」の哲学を受け継ぐ、新会社。
お客さまのご自宅の中でサービスを提供する者として、何よりも信頼と安心を大切にすることはもちろん、どなたでも気軽に利用でき、少しでも生活を豊かにするお手伝いができるよう努めてまいります。
家事代行とは、まさに「人」による「人」へのサービス。
長年にわたって携わってきた人材サービス業での経験を活かし、ホスピタリティーあふれる、心の通い合うハウスキーピングサービスを創り上げてゆきます。

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

東大和市あれこれ

東大和市は、東京都の多摩地域北部にある市です。人口約8万人のベッドタウンで、40分ほどで新宿まで行くことができます。有名人の出身者は、俳優の柳楽優弥さんや、メジャーリーグのシアトルマリナーズで活躍している岩隈久志投手です。柳楽さんは映画「誰も知らない」主演し、第57回カンヌ国際映画祭で史上最年少(当時14歳)で男優賞を受賞しています。岩隈投手は、現在(2016年)メジャーリーグのシアトル・マリナーズで活躍しています。東大和市内にある多摩湖は、新東京百景の一つです。正式には村山貯水池といい、多摩川の水を貯水する人造湖です。大正5(1916)年から昭和2(1927)年まで、10年以上の歳月をかけて造られました。面積は市域の約4分の1を占めています。桜の名所としても知られ、周囲に約4万本の桜の木が植えられています。日本で一番美しいとされる村山下第一取水塔もあり、春には多くの花見客で賑わいます。毎年3月には多摩湖駅伝大会が開催されています。小学生の部から一般の部まで、幅広い世代で参加できます。地元の人をはじめ、多くの人が、美しい多摩湖を眺めながらの駅伝を楽しんでおり、東大和市でも人気の高いイベントです。名産品は狭山茶。歴史は鎌倉時代にまで遡ることができ静岡茶、宇治茶とともに日本三大茶の一つとして有名です。埼玉県西部及び東京都西多摩地域を中心に栽培されています。東大和市では、3件の農家が栽培をしています。東京都内で生産される狭山茶は東京狭山茶と言われ、全国的に知られ人気のあるお茶です。生茶葉の収穫量・栽培面積は、多摩地域では第3位です。昔から「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」ということわざもあるほど。選び抜かれた新茶葉と、「狭山火入」という伝統の火入れが、江戸時代からの変わらぬ美味しさの秘密です。この火入れにより鮮やかな緑と重厚な香味やコクが出て、少ない茶葉でも「よく味が出る」お茶に仕上げられています。