神奈川県鎌倉市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは鎌倉市の求人一覧を掲載しています。お花見、海水浴、紅葉、初もうでと一年を通して全国から多くの観光客が訪れる鎌倉市。観光に関わる仕事はもちろん、商業地域での販売、住宅エリアでの家事代行などさまざまな仕事があふれています。

検索結果2件 1-2件目を表示

株式会社ワールドリゾートオペレーション 【ホテル・旅館の支配人候補】

掲載期間:2018-01-16~

お仕事No.:支配人候補/正社員

お給料 月額30万円以上(年齢・経験に応じて考慮の上決定)
・昇給年1回(4月)
・賞与年2回(5月、11月)
・決算賞与有

【年収例】
年収480万円:29歳/入社2年(月給33万円+賞与)
年収600万円:35歳/入社1年(月給38万円+賞与)
地域・駅 ※勤務地による
勤務時間/シフト 8:00〜22:00の間で実働7時間45分
※シフト制
PR

【ホテル再生のプロフェッショナルです 】
私たちは、ホテル・旅館の再生事業を行っており、
いわば、不採算ホテルを黒字化する「ホテル再生のプロフェッショナル」。

これまでも、年間1億円程度の赤字を計上する厳しい経営状況だったホテルをわずか90日で黒字化にしてきました。
以降も続々と新規案件を予定しているため、【支配人候補】となる人材を募集しています!

【ゆくゆくは「再生開業支配人」に】
「年間1億円の赤字を90日で黒字化する」その確かなノウハウで
再生へ導く仕掛け人となるのが「再生開業支配人」です。

まず、あなたにはホテルの一員として常駐しながら「再生」を行って頂くため、
入社後は当社のオペレーションを学んで頂きます。

ゆくゆくは既存施設の支配人に就き「再生開業支配人」として、
また複数施設の統括マネージャーとして活躍してください!

【支配人のメイン業務】
支配人のメインの業務は、不採算ホテル・旅館をホテルの内側から再生することです。

そのための数値の把握、予測や実行、
立地・設備・景観等を加味したコンセプトメイクを行いターゲットを明確にし、
また、従業員の意識改革としてスタッフの育成、
食材・飲材の仕入れ見直しなど収益改善を行って頂きます。

お給料 月給25万5000円〜
※昇給あり(年1回)

【年収例】
年収480万円:35歳/入社2年(月給33万円+賞与)
地域・駅 箱根登山鉄道「強羅駅」
勤務時間/シフト 7:00〜22:00の間で実働7時間45分
※シフト制
※中抜け休憩あり(3〜4時間の長時間の休憩)
PR

★交通費は【月上限10万円!!】離れてても通えますね!

★また、【寮完備】で遠方からのI・Uターン転職者も大歓迎です!
 ○寮費は、水光熱費込みで月1万2000円!
 ○家具・家電など充実しています!
 ○個室スペースも完備です!
 ○洗濯機・冷蔵庫・風呂・トイレ共用(物件により異なる)

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

鎌倉市あれこれ

鎌倉市は、人口約17万人、横浜市の南西部に位置し、東・西・北側は低い山で囲まれ、南側は相模湾に面しているため、海上交易が盛んに行われました。1192年に源頼朝により鎌倉幕府が開かれたと言われています。交通網が発達しており、JR横須賀線・東海道線・根岸線、湘南モノレール江ノ島線、江ノ島電鉄が通っています。中央駅である鎌倉駅から東京駅までJR横須賀線で乗り換えせず約1時間というアクセスの良さは通勤にも便利です。また、多くの歴史的な遺産を残す古都鎌倉には、一年を通して全国から多くの観光客が鎌倉を訪れています。特に、鎌倉駅と藤沢駅をつなぐ江ノ島電鉄は、江ノ電という愛称で呼ばれ、レトロな外観と、車内から美しい海沿いの景色を眺められることで人気があります。江ノ電の停車駅は観光スポットも多いので、観光地をめぐる交通手段としても利便性が高く、観光シーズンには乗車規制が行われることもあります。鎌倉駅からも徒歩で行ける由比ヶ浜海岸は遠浅で、海水浴シーズンは個性的な海の家が並びます。別荘地として発展した由比ヶ浜は鎌倉随一のバラ園を有する鎌倉文学館や、おしゃれなカフェやレストランがあります。サザンオールスターズの歌でも有名な稲村ヶ崎海岸からは、富士山や美しい夕日が見え、かながわの景勝50選に選ばれています。鎌倉にはあじさいの三大名所と呼ばれる長谷寺・明月院・成就院以外にも多くのあじさいスポットがあり、5月から6月にかけて観光客で混雑します。鎌倉を代表する観光名所といえば三大八幡宮の一つである鶴岡八幡宮です。武家の守護神であり、仕事運・勝負運にご利益があると言われ、お正月には初詣客で賑わいます。鎌倉駅から徒歩30分ほどのところにある銭洗弁財天は、洞窟の奥にある神水で銭を洗うと何倍にもなるという言い伝えがあります。鎌倉のシンボルともいえる高徳院(鎌倉大仏)は、後部に入り口があり、内部を見学することができます。