埼玉県入間市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、入間市の求人一覧を掲載しています。「入」の字は「豊かな収入」を「間」の字は「太陽を囲んだ平和な生活を営むこと」を表していると言われる入間市。そんな入間市のお仕事は飲食・販売・介護・教育関連までさまざま。主婦の力が求められています。

検索結果1件 1-1件目を表示

株式会社七越製菓 本社

掲載期間:2018-08-17~

お仕事No.:1

お給料 時給925円〜
地域・駅 本社:上峰交差点徒歩3分西武総合病院斜め前
勤務時間/シフト 9:00〜15:00
(休憩60分)
※繁忙期・受注が多い日は17:10迄の勤務をお願いします。
PR

美味しいおせんべい・おかき・あられの受注等に関する一般事務です。
バイク・自転車・徒歩で通勤できる♪近郊主婦が活躍中 扶養範囲内勤務希望者大歓迎♪

検索結果1件 1-1件目を表示

あなたにおすすめの記事

入間市あれこれ

入間市(いるまし)は、狭山茶の主な生産地として知られている埼玉県南西部にある市です。市名の由来は「入」の字は「豊かな収入」を「間」の字は「太陽を囲んだ平和な生活を営むこと」を表していると言われています。市制施行時から工場誘致を積極的に行っており、県内有数の工業都市となっています。フジパンや山田うどんなど有名企業の工場があります。特産物は「狭山茶」です。入間市が生産量、栽培面積も県下一を誇っており、入間市博物館所蔵の狭山茶の生産用具は国の登録有形民俗文化財となっています。「狭山茶」の魅力を発信するため入間市観光協会が「茶摘み体験事業」を開催しています。新しい茶葉を摘むのは、春ならではの体験。茶業者と一緒に茶摘みを楽しみます。後日、新茶のお試しサイズをプレゼントしてくれます。参加費は無料なので、近くにお住まいの方はぜひ参加したいですね。特産品では「狭山茶コーラ」も話題です。製造開発したのは、創業約100年の狭山茶製造販売の老舗・増田園本店の4代目取締役。「日本3大銘茶でありながら埼玉県内ですら認知度が低い狭山茶の魅力を、もっと多くの人に知ってもらいたい」という想いから開発にいたりました。2013年秋から開発を始め苦労の末に完成した「狭山茶コーラ」は2014年に発売されはじめました。味は炭酸のシュワっとした喉ごしの後に、お茶の自然な甘みが広がります。1本250円で主に地元の農協や直売所、西武グループの各種イベントなどで販売されています。入間市は圏央道の完成が他の区間に比べて早かったことから、その立地を生かし三井アウトレットパークやコストコなどの大型商業施設が建設され賑わいを見せています。三井アウトレットパーク入間は国内最大級のアウトレットモールで郊外型のアウトレットモールと同じくマイカーでの来訪が多いです。そのため休日の昼間は駐車場へ入庫するまでに1時間以上かかることもあります。