埼玉県加須市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、加須市の求人一覧を掲載しています。生産数が日本有数とされる加須の手描きこいのぼり。加須市のお仕事状況は、スーパー、家事代行、飲食、販売など、ポスティングなど、地元で働くことのできるお仕事が多数あります。

検索結果3件 1-3件目を表示

明光義塾 騎西教室

掲載期間:2018-09-19~

お給料 通常:1コマ(90分)/1600円〜
授業手当:140円(1授業につき)
研修期間中:1コマ(90分)/1500円〜
地域・駅 騎西町役場近く
勤務時間/シフト 月〜土(勤務日は応相談)
16:50〜21:40
PR

「先生一人ひとりが生徒一人ひとりのために」をモットーに日々勉強を教えています。
ぜひ一緒に働きませんか?週1日、1教科からはじめられます!

先生ご自身が運営する学研教室

掲載期間:2018-09-19~

お給料 生徒数により異なりますが、月額5〜20万円以上可能です。
週5のパートよりも少ない労働時間で、同等の収入を得ることもできます。

■規模別月謝収入額例■
会員20名(英国数)の場合:148,200円
会員30名(英国数)の場合:233,400円
地域・駅 埼玉県内のお住まいの地域周辺で働けます。
勤務時間/シフト 1日2時間、週2回から。
教室の時間は自由に設定することができます。
PR

■家庭と仕事を両立!自宅で週2日から働けます■
「出産後、働きたくても子どもを預けるのが心配で外に出づらい…」
「仕事を始めると、子どもが熱を出してもそばにいられないのは不安…」
子育てと仕事を両立できるのが、学研教室の最大の魅力!
先生としてお仕事しながら、ご家族との時間も確保できます。

■無資格・未経験でも大丈夫!安心・充実のサポート体制■
「子どもは好きだけど、教えたことなんてないから…」
「『先生』みたいな責任ある仕事、私には…」
未経験の方が多いのも学研教室の先生の特徴。
「学研教室を始めるぞ!」と決めたその日から、あなた専属の担当者が二人三脚でサポートいたします。生徒募集のための宣伝も会社がバックアップ!
指導や運営に関しても定期的な研修を行っているので、安心して学研教室を始めていただけます。

■学研教室の先生は、あなたにしかできないお仕事です■
「働きがいのある仕事をしたい!」
「仕事を通じて自分も成長したい!」
学研教室は、学びを通じて子どもたちが自分で考え、自分の力で解決する知恵と行動力をはぐくむ場です。

学研教室の先生は、子どもたちの成長と日々向き合えるお仕事です。
子どもたちの未来に貢献できる、学研教室をはじめてみませんか?

株式会社デリカさぼてん

掲載期間:2018-09-19~

お仕事No.:さぼてん2014

お給料 月給21.2万〜26.9万円
※研修期間(6〜12ヶ月)は月給20.6万
※店長昇格以降賞与有り
※報奨金制度(インセンティブ)有り
地域・駅 勤務地によりアクセス方法は異なります!※ほとんどの店舗は駅からすぐの立地で、通勤にも便利!
勤務時間/シフト 9:00〜23:00(この時間の中でシフト制)
店舗により営業時間は異なります。
9:00〜11:00開店、20:00〜23:00閉店の店舗が一般的です。

月単位でシフトを作成しそのスケジュールに基き勤務をします。

※一カ月単位の変形労働時間制となります。
PR

【地域に根付いた「とんかつ新宿さぼてん」づくり】

★笑顔とやる気があれば未経験大歓迎です! 
★家庭と両立している社員もたくさんいます!
★社員特典!さぼてんの商品が3割引で購入可能です。
 お子さんのお弁当、夕飯のおかずにも困りません♪
★転勤なし!エリア限定の【正社員採用】です。

【こんな方たちが店長になりました!】
⇒45歳 元専業主婦
「子育てが一段落したから、もう一度社会に出たい!」

⇒39歳 元化粧品会社 美容部員
「年齢を重ねても、働ける職場に行きたい。」

⇒41歳 元接客業でのパート従業員
「正社員として生計を立てていきたい!」

⇒45歳 元専業主婦
「事務仕事は苦手だけど、人と接することが得意。人と関わる仕事がしたい。」

⇒35歳 元事務員
「認められる仕事がしたい。責任感を持って働きたい!」

⇒37歳 シングルマザー
「子供のためにも、正社員で長く働きたい!」

検索結果3件 1-3件目を表示

あなたにおすすめの記事

加須市あれこれ

加須市(かぞし)は、埼玉県の北東部に位置する市です。こいのぼりの生産数が日本有数とされる加須の手描きこいのぼりは、明治の初め、提灯や傘の職人が副業として始めたもので、当時はお雛様なども手掛けていました。季節の際の物を扱うという意味で「際物屋(きわものや)」と呼ばれる店で作っていました。それがこいのぼりの専門店になったのは、大正12年の関東大震災の後、東京近郊の際物屋が激減し、浅草橋の問屋が加須の際物屋に仕入れに来てその品の良さに感心し、注文が殺到するようになりました。 時代が移り、高度成長期になると、人件費が高くなって職人が減り、こいのぼりのほとんどは、化学繊維のプリントのものとなりました。100年近く続く老舗の橋本弥喜智(やきち)商店の3代目のご主人も、採算が合わないので、最後に精いっぱいのものをつくって手書きは断念しようと思ったそうです。そんな時、手書きこいのぼりの最後の店ということで取材が来て、全国に知れ渡り、手書きこいのぼりの注文が増えていきました。加須の手書きこいのぼりは、金や銀の色を使った豪華な色彩で、描いては乾かし、描いては乾かしを繰り返すのが特徴です。木綿と顔料だけを使って、職人さんが刷毛で一筆一筆描いていきます。熟練の職人さんが1か月以上かけて作り上げます。毎年春のゴールデンウィークに行われる 市民平和祭に、悠々と空を泳ぐジャンボこいのぼりは、加須の名を全国に広めようという市民の思いがこもっています。スクリーン印刷技術の普及などにより大手メーカーが大量生産するようになった現在でも、加須のこいのぼりは市民が誇る特産品となっています。また、加須市は北埼玉地域きっての梨の産地でもあります。騎西地域を中心に、甘み豊かな「幸水」、「豊水」をはじめとする6種類の梨が栽培されています。中でも、埼玉生まれの梨の王様「彩玉(さいぎょく)」や、「あきづき」は、特に人気が高まっています。