埼玉県加須市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、加須市の求人一覧を掲載しています。生産数が日本有数とされる加須の手描きこいのぼり。加須市のお仕事状況は、スーパー、家事代行、飲食、販売など、ポスティングなど、地元で働くことのできるお仕事が多数あります。

検索結果3件 1-3件目を表示

お給料 時給890〜910円スタート(収入による)日曜・祝日100円アップ 昇給あり
地域・駅 東武伊勢崎線花崎駅より徒歩25分
勤務時間/シフト 9時から17時半の間で1日4h以上、週2日からOK。午後出勤でも可その場合、12時半又は13時半出勤です!!

例9時から17時  9時から17時30分  12時半から17時 13時半から17時半 等

※例以外の時間帯でもお気軽にご相談下さい!!
PR

★外食産業向けのテイクアウト容器や消耗品などを取り扱っている会社です★
現在女性、主婦が約180名活躍中☆☆事業拡大に伴い20名の大量募集!!!

<嬉しいポイント>
◆未経験の方・ブランクのある方 大歓迎!
 未経験でも作業しながら、ゆっくりと覚えていけばOKです。
 作業も簡単なのですぐに覚えられます。また、先輩スタッフも丁寧に教えます!

◆シフトは自己申告制!
 2週間ごとに希望を提出していただきます。プライベートや家庭との両立もしやすいです。

◆日曜・祝日出勤は時給100円UP!
 土日祝に働ける方歓迎!週2日〜OKなので働き方は気軽にご相談ください。

◆慰労会開催
 年2回パートさんへ感謝を込めて慰労会を開催しています。豪華景品当たります!!

<1日のお仕事の流れ>
@その日オーダー頂いた商品を棚から集める
A集めたものを更に店舗ごとに分けていく
B検品後、ダンボールに詰めて梱包・出荷します

ハンディターミナル、リスト等を使用し作業するので
初めての方でもすんなり作業出来ます!


簡単な作業なのですぐに覚えられますよ♪

大地フーズ販売株式会社 試食販売スタッフ(埼玉勤務)

掲載期間:2018-06-16~

お仕事No.:大地フーズ販売株式会社 試食販売スタッフ(埼玉勤務)

お給料 時給1000円以上+インセンティブ
地域・駅 勤務地に寄る
勤務時間/シフト 10:00〜20:00
◆実働5〜8時間、週5日勤務
※自己申告シフト制
PR

◆当社の人気商品を試食販売するお仕事です◆

オリジナルの人気食品を、販売店舗のブースで販売するお仕事です♪

お客様に試食してもらうだけで、
自然と購入していただけることが多いので
まずは会話を楽しみながら働いて下さいね!

個人の販売ノルマも設けていないので
無理なくお仕事をしていただけます♪

株式会社デリカさぼてん

掲載期間:2018-06-16~

お仕事No.:さぼてん2014

お給料 月給21.2万〜26.9万円
※研修期間(6〜12ヶ月)は月給20.6万
※店長昇格以降賞与有り
※報奨金制度(インセンティブ)有り
地域・駅 勤務地によりアクセス方法は異なります!※ほとんどの店舗は駅からすぐの立地で、通勤にも便利!
勤務時間/シフト 9:00〜23:00(この時間の中でシフト制)
店舗により営業時間は異なります。
9:00〜11:00開店、20:00〜23:00閉店の店舗が一般的です。

月単位でシフトを作成しそのスケジュールに基き勤務をします。

※一カ月単位の変形労働時間制となります。
PR

【地域に根付いた「とんかつ新宿さぼてん」づくり】

★笑顔とやる気があれば未経験大歓迎です! 
★家庭と両立している社員もたくさんいます!
★社員特典!さぼてんの商品が3割引で購入可能です。
 お子さんのお弁当、夕飯のおかずにも困りません♪
★転勤なし!エリア限定の【正社員採用】です。

【こんな方たちが店長になりました!】
⇒45歳 元専業主婦
「子育てが一段落したから、もう一度社会に出たい!」

⇒39歳 元化粧品会社 美容部員
「年齢を重ねても、働ける職場に行きたい。」

⇒41歳 元接客業でのパート従業員
「正社員として生計を立てていきたい!」

⇒45歳 元専業主婦
「事務仕事は苦手だけど、人と接することが得意。人と関わる仕事がしたい。」

⇒35歳 元事務員
「認められる仕事がしたい。責任感を持って働きたい!」

⇒37歳 シングルマザー
「子供のためにも、正社員で長く働きたい!」

検索結果3件 1-3件目を表示

あなたにおすすめの記事

加須市あれこれ

加須市(かぞし)は、埼玉県の北東部に位置する市です。こいのぼりの生産数が日本有数とされる加須の手描きこいのぼりは、明治の初め、提灯や傘の職人が副業として始めたもので、当時はお雛様なども手掛けていました。季節の際の物を扱うという意味で「際物屋(きわものや)」と呼ばれる店で作っていました。それがこいのぼりの専門店になったのは、大正12年の関東大震災の後、東京近郊の際物屋が激減し、浅草橋の問屋が加須の際物屋に仕入れに来てその品の良さに感心し、注文が殺到するようになりました。 時代が移り、高度成長期になると、人件費が高くなって職人が減り、こいのぼりのほとんどは、化学繊維のプリントのものとなりました。100年近く続く老舗の橋本弥喜智(やきち)商店の3代目のご主人も、採算が合わないので、最後に精いっぱいのものをつくって手書きは断念しようと思ったそうです。そんな時、手書きこいのぼりの最後の店ということで取材が来て、全国に知れ渡り、手書きこいのぼりの注文が増えていきました。加須の手書きこいのぼりは、金や銀の色を使った豪華な色彩で、描いては乾かし、描いては乾かしを繰り返すのが特徴です。木綿と顔料だけを使って、職人さんが刷毛で一筆一筆描いていきます。熟練の職人さんが1か月以上かけて作り上げます。毎年春のゴールデンウィークに行われる 市民平和祭に、悠々と空を泳ぐジャンボこいのぼりは、加須の名を全国に広めようという市民の思いがこもっています。スクリーン印刷技術の普及などにより大手メーカーが大量生産するようになった現在でも、加須のこいのぼりは市民が誇る特産品となっています。また、加須市は北埼玉地域きっての梨の産地でもあります。騎西地域を中心に、甘み豊かな「幸水」、「豊水」をはじめとする6種類の梨が栽培されています。中でも、埼玉生まれの梨の王様「彩玉(さいぎょく)」や、「あきづき」は、特に人気が高まっています。