埼玉県加須市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、加須市の求人一覧を掲載しています。生産数が日本有数とされる加須の手描きこいのぼり。加須市のお仕事状況は、スーパー、家事代行、飲食、販売など、ポスティングなど、地元で働くことのできるお仕事が多数あります。

検索結果1件 1-1件目を表示

株式会社ライフェクス 東京本社 家事サービス事業部

掲載期間:2018-04-16~

お仕事No.:契約社員B(実働6時間)

お給料 ★月給250,000円★
※但し、試用期間(3ヶ月)は月給20〜25万円(実績考慮)

・月給制なので毎月の収入が安定します!
地域・駅 都内近郊各所(ご自宅最寄駅から片道30分〜60分圏内を目処に、なるべく通いやすいお客様宅を設定いたします)
勤務時間/シフト ・09:00〜20:00の間で、実働8時間(週30時間目安)。
※ご本人の希望を考慮させていただきます。

【一日の働き方の例(実働6時間の場合)】
09:00〜11:00(元町・中華街のA様宅)→移動→11:30〜13:30(横浜のB様宅)→休憩&移動→14:30〜16:30(上大岡のC様宅)計:実働6時間
PR

【ここがオススメ!】
@月給制なので毎月の収入が安定します!
Aもちろん社会保険(年金&健保)にも加入できます!
B「ひとり親家庭支援制度」あり。

検索結果1件 1-1件目を表示

あなたにおすすめの記事

加須市あれこれ

加須市(かぞし)は、埼玉県の北東部に位置する市です。こいのぼりの生産数が日本有数とされる加須の手描きこいのぼりは、明治の初め、提灯や傘の職人が副業として始めたもので、当時はお雛様なども手掛けていました。季節の際の物を扱うという意味で「際物屋(きわものや)」と呼ばれる店で作っていました。それがこいのぼりの専門店になったのは、大正12年の関東大震災の後、東京近郊の際物屋が激減し、浅草橋の問屋が加須の際物屋に仕入れに来てその品の良さに感心し、注文が殺到するようになりました。 時代が移り、高度成長期になると、人件費が高くなって職人が減り、こいのぼりのほとんどは、化学繊維のプリントのものとなりました。100年近く続く老舗の橋本弥喜智(やきち)商店の3代目のご主人も、採算が合わないので、最後に精いっぱいのものをつくって手書きは断念しようと思ったそうです。そんな時、手書きこいのぼりの最後の店ということで取材が来て、全国に知れ渡り、手書きこいのぼりの注文が増えていきました。加須の手書きこいのぼりは、金や銀の色を使った豪華な色彩で、描いては乾かし、描いては乾かしを繰り返すのが特徴です。木綿と顔料だけを使って、職人さんが刷毛で一筆一筆描いていきます。熟練の職人さんが1か月以上かけて作り上げます。毎年春のゴールデンウィークに行われる 市民平和祭に、悠々と空を泳ぐジャンボこいのぼりは、加須の名を全国に広めようという市民の思いがこもっています。スクリーン印刷技術の普及などにより大手メーカーが大量生産するようになった現在でも、加須のこいのぼりは市民が誇る特産品となっています。また、加須市は北埼玉地域きっての梨の産地でもあります。騎西地域を中心に、甘み豊かな「幸水」、「豊水」をはじめとする6種類の梨が栽培されています。中でも、埼玉生まれの梨の王様「彩玉(さいぎょく)」や、「あきづき」は、特に人気が高まっています。