埼玉県鶴ヶ島市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、鶴ヶ島市の求人一覧を掲載しています。埼玉県の中央に位置する鶴ヶ島市。お仕事は、飲食店、教育、介護、看護関連などさまざまな業種がそろい、地元で家事や子育ての経験を活かして、働くことが可能。未経験歓迎の業種もたくさんありますよ。

検索結果3件 1-3件目を表示

株式会社七越製菓 @武蔵浦和店 A北浦和店 B本社売店

掲載期間:2018-01-15~

お仕事No.:301

お給料 時給885円
地域・駅 本社売店 西武総合病院斜め前、  北浦和店 北浦和駅東口徒歩3分、  武蔵浦和店 武蔵浦和駅西口徒歩7分 ※今回の募集は、北浦和店・武蔵浦和店です
勤務時間/シフト @10:00〜14:00 A14:00〜18:00※冬勤務時間
土日祝日を含む2交代シフト制です。
(週平均@1日A1日計2日程度〜の勤務、弊社繁忙期・閑散期勤務に柔軟に対応できる方)
※今回の募集は、武蔵浦和店です
PR

★笑顔の素敵な仲間を募集中★
♪近郊主婦20代〜50代活躍中♪扶養範囲内勤務希望者大歓迎♪
親切丁寧に研修を行います。勤務地について相談に応じます。

株式会社デリカさぼてん

掲載期間:2018-01-01~

お仕事No.:さぼてん2014

お給料 月給21.2万〜26.9万円
※研修期間(6〜12ヶ月)は月給20.6万
※店長昇格以降賞与有り
※報奨金制度(インセンティブ)有り
地域・駅 勤務地によりアクセス方法は異なります!※ほとんどの店舗は駅からすぐの立地で、通勤にも便利!
勤務時間/シフト 9:00〜23:00(この時間の中でシフト制)
店舗により営業時間は異なります。
9:00〜11:00開店、20:00〜23:00閉店の店舗が一般的です。

月単位でシフトを作成しそのスケジュールに基き勤務をします。

※一カ月単位の変形労働時間制となります。
PR

【地域に根付いた「とんかつ新宿さぼてん」づくり】

★笑顔とやる気があれば未経験大歓迎です! 
★家庭と両立している社員もたくさんいます!
★社員特典!さぼてんの商品が3割引で購入可能です。
 お子さんのお弁当、夕飯のおかずにも困りません♪
★転勤なし!エリア限定の【正社員採用】です。

【こんな方たちが店長になりました!】
⇒45歳 元専業主婦
「子育てが一段落したから、もう一度社会に出たい!」

⇒39歳 元化粧品会社 美容部員
「年齢を重ねても、働ける職場に行きたい。」

⇒41歳 元接客業でのパート従業員
「正社員として生計を立てていきたい!」

⇒45歳 元専業主婦
「事務仕事は苦手だけど、人と接することが得意。人と関わる仕事がしたい。」

⇒35歳 元事務員
「認められる仕事がしたい。責任感を持って働きたい!」

⇒37歳 シングルマザー
「子供のためにも、正社員で長く働きたい!」

大地フーズ販売株式会社 試食販売スタッフ(埼玉勤務)

掲載期間:2018-01-01~

お仕事No.:大地フーズ販売株式会社 試食販売スタッフ(埼玉勤務)

お給料 時給1000円以上+インセンティブ
地域・駅 勤務地に寄る
勤務時間/シフト 10:00〜20:00
◆実働5〜8時間、週5日勤務
※自己申告シフト制
PR

◆当社の人気商品を試食販売するお仕事です◆

オリジナルの人気食品を、販売店舗のブースで販売するお仕事です♪

お客様に試食してもらうだけで、
自然と購入していただけることが多いので
まずは会話を楽しみながら働いて下さいね!

個人の販売ノルマも設けていないので
無理なくお仕事をしていただけます♪

検索結果3件 1-3件目を表示

あなたにおすすめの記事

鶴ヶ島市あれこれ

鶴ヶ島市は、人口約7万人を擁する埼玉県の中央に位置する市です。高度成長期以降に人口が増加し、大部分を占めていた田畑や森林部は宅地化・商業化が進んでいます。米栽培や養蚕を営む農家が多く存在していましたが、ベッドタウン化により現在は野菜生産が主で、印刷関連や食料品などの産業が多くなり、求人も増えています。縄文時代の遺跡が多く発見されていて、古墳時代末期のものとして鶴ケ丘稲荷神社古墳は比較的大きな古墳です。東武鉄道の東上線鶴ヶ島駅と、越生線の一本松駅に電車が停車します。鶴ヶ島駅の駅前商店街では、鶴ヶ島サマーカーニバルという夏祭りが行われ毎年大盛況です。市の最大級のお祭りが、鶴ヶ島産業まつりです。G-1グランプリというお笑いイベントの出場者を全国から募集して、優勝者に賞金を与えるというイベントも開催しています。高倉地区の約2ヘクタールの広大な土地に菜の花が広がる高倉菜の花まつりが開催され、太鼓などの楽器演奏や踊りなどで盛り上がる人気のあるイベントです。高倉獅子舞は11月に豊作の感謝、地域の安全、悪疫退散を祈願して行われる江戸時代から続く伝統芸能です。鶴ヶ島の地域住人にとっては馴染みの深い高徳神社は、本殿を取り囲むように小さな神社が配置されています。秋は美しい紅葉を観賞できるスポットでもあります。白鬚神社は奈良時代に高句麗人たちによって築かれた神社とされています。室町時代に制作された脚折白鬚神社十一面観音菩薩立像などが市の有形文化財に指定されています。白鬚神社のご神木である脚折のケヤキは樹齢900年以上で、県の天然記念物に指定されています。脚折雨乞は、城ヶ島市に伝わる雨乞い行事で、国の選択無形民俗文化財と市の無形文化財に指定されています。竹や麦藁でメートルもの巨大な36蛇体をつくり、白鬚神社で祈祷をした後、雷神池まで練り歩くこの行事は、現在は4年に1度行うことで保存継承されています。