埼玉県吉川市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、吉川市の求人一覧を掲載しています。「なまずの里」と呼ばれる吉川市。川魚のなかでも、なまずは一番身近な存在でした。お仕事は、飲食店、教育、介護、看護関連などさまざまな業種の求人にあふれ、地元で働くことが可能です。

検索結果2件 1-2件目を表示

お給料 担当する生徒数に応じて謝礼が支払われます。
◎謝礼計算例:コース毎の受持ち生徒数の構成により異なる場合があります。
*週3日/経験3年/TOEIC730/受持ち生徒40名 ⇒ 平均月収7万9000円
*週5日/経験3年/TOEIC730/受持ち生徒70名 ⇒ 平均月収17万8000円
※実際は、上記金額にその他謝礼が加算されます。
地域・駅 JR武蔵野線 吉川駅徒歩15分
勤務時間/シフト 10時〜20時頃までの中、一日4〜6レッスン程度。
1週間の中の稼働曜日はご相談に応じます。
週3日以上、土曜もしくは日曜稼働できる方を歓迎いたします。
平日であれば未就園児対象のレッスンは午前、幼稚園児以上のレッスンは午後3時ぐらいから始まる場合が多いです。
PR

◎実績のある「ヤマハ」だから安心です
音楽教室では60余年の歴史を持つヤマハ。
ヤマハ英語教室ではこの英語特有のリズムに着目し、
楽しく自然に英語のリズムを体得することで
英語力を伸ばすレッスンを行っています。

◎充実のサポート体制!
生徒の募集・レッスンの場所など運営管理がしっかりしているので安心して始められます。
ノルマなどもありません。

◎子供と一緒に成長できます!
成長する教え子にやりがいと感動が得られるお仕事です。
クリスマス、ハロウィーン、イースターなど子どもと一緒に体験、楽しめるイベントもたくさんあります。

※土曜日もしくは日曜日稼働できる方大歓迎です!

先生ご自身が運営する学研教室

掲載期間:2018-04-16~

お給料 生徒数により異なりますが、月額5〜20万円以上可能です。
週5のパートよりも少ない労働時間で、同等の収入を得ることもできます。

■規模別月謝収入額例■
会員20名(英国数)の場合:148,200円
会員30名(英国数)の場合:233,400円
地域・駅 埼玉県内のお住まいの地域周辺で働けます。
勤務時間/シフト 1日2時間、週2回から。
教室の時間は自由に設定することができます。
PR

■家庭と仕事を両立!自宅で週2日から働けます■
「出産後、働きたくても子どもを預けるのが心配で外に出づらい…」
「仕事を始めると、子どもが熱を出してもそばにいられないのは不安…」
子育てと仕事を両立できるのが、学研教室の最大の魅力!
先生としてお仕事しながら、ご家族との時間も確保できます。

■無資格・未経験でも大丈夫!安心・充実のサポート体制■
「子どもは好きだけど、教えたことなんてないから…」
「『先生』みたいな責任ある仕事、私には…」
未経験の方が多いのも学研教室の先生の特徴。
「学研教室を始めるぞ!」と決めたその日から、あなた専属の担当者が二人三脚でサポートいたします。生徒募集のための宣伝も会社がバックアップ!
指導や運営に関しても定期的な研修を行っているので、安心して学研教室を始めていただけます。

■学研教室の先生は、あなたにしかできないお仕事です■
「働きがいのある仕事をしたい!」
「仕事を通じて自分も成長したい!」
学研教室は、学びを通じて子どもたちが自分で考え、自分の力で解決する知恵と行動力をはぐくむ場です。

学研教室の先生は、子どもたちの成長と日々向き合えるお仕事です。
子どもたちの未来に貢献できる、学研教室をはじめてみませんか?

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

吉川市あれこれ

埼玉県の南東部にある吉川市は、平成8年4月に市制施行により誕生しました。市の木は木モクセイ、市の花はサツキ・ツツジです。広さは、東西に42キロメートル、南北に80キロメートル、総面積は31.66平方キロメートルです。東京都心からの距離は20から30キロメートル。市内にあるJR武蔵野線の吉川美南駅と吉川駅東には、東京駅から約1時間弱でアクセスできます。東に江戸川、西に中川が流れ、かつては稲作などの農業が盛んでした。江戸時代には、収穫した米の出荷のために中川を利用する舟運で栄えました。また、稲作用の用水路や小川に生息する川魚を食す川魚料理が発達しました。吉川市は「なまずの里」と呼ばれるほど、川魚のなかでも、なまずは一番身近な存在でした。子どもたちはなまず捕りを楽しんだり、家庭では「なまずのたたき」をはじめとするなまず料理が作られました。なまずをシンボルとして町を盛り上げようと、平成7年吉川駅前に金色のなまずのモニュメントが設置されました。都市化が進み昭和40年代頃からなまずの数は急激に減少していましたが、平成8年なまずの養殖が成功し、出荷できるまでになりました。吉川市のイメージキャラクターもなまずをモチーフにしたピンク色の「なまりん」です。商工会を中心に、なまずをモチーフにした商品も複数開発されています。そのほか吉川市の特産品として、煮くずれしない吉川ネギ、花ショウブが有名です。水生植物が数多く植えられている中井沼公園では、6月に花ショウブを見ることができます。都市計画道路334号線にある約500本の桜並木も有名です。7月には吉川市を代表するあばれ神輿が有名な「八坂祭り」が行われます。1月の初午の日に行われる「あられ投げ」は、県の選択無形民俗文化財に指定されています。県の文化財天然記念物に指定されている大イチョウの木がある密厳院、定勝寺、延命寺、清浄寺、芳川神社など、由緒正しい神社・仏閣も多数あります。