千葉県印西市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、印西市の求人一覧を掲載しています。千葉ニュータウンの総面積の約7割を占める印西市の市街地には、高層ビルが並び、イオンモール、コストコ、牧野原モアなどの大型ショッピングセンターが多数進出。これらの求人が望めます。

検索結果1件 1-1件目を表示

千葉県ヤクルト販売株式会社 柏支社 千葉NTセンター

掲載期間:2018-09-19~

お仕事No.:千葉県ヤクルト販売株式会社 柏支社 千葉NTセンター

お給料 月収90,000円〜(週5日稼動、コースにより異なります)
※扶養の範囲内、月収80,000円等も可能です。ご相談ください。
※扶養の範囲を超えた高収入も可能です。ご相談ください。
※ヤクルトのお仕事は外交員報酬(完全出来高制)です。
地域・駅 北総線「印西牧の原駅」徒歩20分
勤務時間/シフト ■勤務時間 9:00〜14:00 (1日5〜6時間程度)
※学校行事や幼稚園・幼稚園のお迎えなどによる勤務時間・勤務日についてはお気軽にご相談下さい。
■週5日勤務
@火〜土 週5日勤務 個人の自宅をメインに回ります
A月〜金 週5日勤務 オフィスをメインに回ります
PR

★扶養の範囲内での勤務OK
★夏季・年末年始休暇があります
★学校行事や家庭のご事情などによる勤務時間・勤務日を気軽に相談できます
★小さいお子様がいても保育室完備で安心(受入年齢は1歳以上)
★未経験者も、ブランクがある方も安心の研修があります♪
★20代〜40代と幅広い年齢層で楽しく明るい職場です♪

月収例)週5日 6時間勤務  90,000円〜 ※収入補償制度あり
※年収103万まで、130万円位までといった扶養の範囲内でのお仕事も可能です。

★・・・・・・・★ヤクルトレディ一日の流れ★・・・・・・・★
8:00 朝の家事を済ませて自宅を出発。
8:30 ヤクルトセンターへ到着 先に併設の保育室にお子さんを預けます。
8:45 職場のセンターへ移動します。
お届けスタート準備と朝礼に参加します。
その日の伝達事項やお客様とのお約束などを確認。
子供の病気や家庭の事情でお休みになっても、他のヤクルトレディの仲間が
お届けフォローをしてくれるので安心♪
いつでも助け合える職場環境です。

9:00 ご家庭、オフィスへ訪問しヤクルト商品をお届けスタート
※訪問件数は約40〜50軒です。(地域によって異なります)
「オススメのヤクルト400飲んでたら、最近調子が良くなってきたよ」といった、ご自身の健康に関しての嬉しいお言葉をもらうことも。

13:00 ヤクルトセンターに戻って売り上げのまとめや翌日の商品準備
ランチタイム。主婦という同じ立場の人が多く働く環境だから、話も弾みます。

14:30 本日のお仕事終了     
14:45 お子様のお迎えセンターと併設している保育室だからお迎えも楽々です。

検索結果1件 1-1件目を表示

あなたにおすすめの記事

印西市あれこれ

千葉県の北部にある印西市は、印西市、印旛村、本埜村の市町村合併により、平成22年に誕生した市です。総面積は、123.8平方キロメートル、南東の印旛沼、北西の手賀沼、北の利根川に囲まれています。沼や河川の周辺地帯は、肥沃な低地と関東ローム層のなだらかな下総台地が広がっています。東京から市役所のある木下駅までJRで約80分、成田からJRで約20分でアクセスできます。気候は一年中比較的温暖です。江戸時代から江戸と佐倉や銚子を結ぶ町として商業が盛んでした。現在は、千葉ニュータウンの開発を契機にベッドタウン化が進み、多くの市民が東京23区に通勤しています。また、最近では成田空港からのアクセスの良さから、研究所や物流センターが多く設置されています。特産品としては、米、メロン、すいか、梨などの農産物や手焼きせんべい、彫刻を施した茶筒などがあり、ふるさと納税の返礼品にもなっています。千葉ニュータウンの総面積の約7割を占める印西市の市街地には、高層ビルが並び、イオンモール、コストコ、牧野原モアなどの大型ショッピングセンターが多数進出しています。市街地を少しはずれると自然がいっぱいです。700メートルのソメイヨシノのトンネルがある小林牧場、樹齢300年以上の吉高の大桜は、市内きっての桜の名所です。四季折々の風景が楽しめる木下万葉公園、結縁寺の彼岸花、印西牧の原駅周辺のコスモス畑も見事です。夜明けの利根川、夕日が沈む印旛沼の景色、大六天の眺望も必見です。いんざいぶらり川めぐりの水上散歩では、水鳥や魚と出会えます。水田が広がる本埜地区には越冬のために800羽以上の白鳥が訪れます。北総花の丘公園は家族や仲間で楽しめる大型の都市型公園です。印西市は、豊かな自然と整備された市街地が共存している特色を生かし、市の認知度を高めようと映像制作の支援を行っています。ドラマ「花子とアン」、映画「信長協奏曲」など多数の作品のロケ地となっています。