千葉県勝浦市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、勝浦市の求人一覧を掲載しています。2012年B級グルメ大会でグランプリを受賞した「勝浦タンタンメン」。町おこしが盛んな勝浦市には、観光・生活にまつわるさまざまな求人があり、あなたの力を求めています。

検索結果2件 1-2件目を表示

株式会社デリカさぼてん

掲載期間:2018-09-19~

お仕事No.:さぼてん2014

お給料 月給21.2万〜26.9万円
※研修期間(6〜12ヶ月)は月給20.6万
※店長昇格以降賞与有り
※報奨金制度(インセンティブ)有り
地域・駅 勤務地によりアクセス方法は異なります!※ほとんどの店舗は駅からすぐの立地で、通勤にも便利!
勤務時間/シフト 9:00〜23:00(この時間の中でシフト制)
店舗により営業時間は異なります。
9:00〜11:00開店、20:00〜23:00閉店の店舗が一般的です。

月単位でシフトを作成しそのスケジュールに基き勤務をします。

※一カ月単位の変形労働時間制となります。
PR

【地域に根付いた「とんかつ新宿さぼてん」づくり】

★笑顔とやる気があれば未経験大歓迎です! 
★家庭と両立している社員もたくさんいます!
★社員特典!さぼてんの商品が3割引で購入可能です。
 お子さんのお弁当、夕飯のおかずにも困りません♪
★転勤なし!エリア限定の【正社員採用】です。

【こんな方たちが店長になりました!】
⇒45歳 元専業主婦
「子育てが一段落したから、もう一度社会に出たい!」

⇒39歳 元化粧品会社 美容部員
「年齢を重ねても、働ける職場に行きたい。」

⇒41歳 元接客業でのパート従業員
「正社員として生計を立てていきたい!」

⇒45歳 元専業主婦
「事務仕事は苦手だけど、人と接することが得意。人と関わる仕事がしたい。」

⇒35歳 元事務員
「認められる仕事がしたい。責任感を持って働きたい!」

⇒37歳 シングルマザー
「子供のためにも、正社員で長く働きたい!」

千葉県ヤクルト販売株式会社 房総支社 勝浦センター

掲載期間:2018-09-19~

お仕事No.:千葉県ヤクルト販売株式会社 房総支社 勝浦センター

お給料 月収90,000円〜(週5日稼動、コースにより異なります)

※扶養の範囲を超えた高収入も可能です。ご相談ください。
※ヤクルトのお仕事は外交員報酬(完全出来高制)です。
地域・駅 外房線「勝浦駅」徒歩13分
勤務時間/シフト ■勤務時間 9:00〜 (1日5〜6時間程度)
 ※学校行事や幼稚園・幼稚園のお迎えなどによる勤務時間・勤務日についてはお気軽にご相談下さい。

■週5日勤務
 月〜金 週5日勤務
PR

★扶養の範囲内での勤務OK
★夏季・年末年始休暇があります
★学校行事や家庭のご事情などによる勤務時間・勤務日を気軽に相談できます
★小さいお子様がいても保育室完備で安心(受入年齢は1歳以上)
★未経験者も、ブランクがある方も安心の研修があります♪
★20代〜40代と幅広い年齢層で楽しく明るい職場です♪

月収例)週5日   90,000円〜 ※収入補償制度あり
    

★・・・・・・・★ヤクルトレディ一日の流れ(例)★・・・・・・・★
 朝の家事を済ませて自宅を出発
 ヤクルトセンターへ到着(まずはお子様を保育室へ)

8:30 制服に着替えて身支度チェック♪
     伝達事項などを確認。
     子供の病気や家庭の事情でお休みになっても、
     他のヤクルトレディの仲間が
     お届けフォローをしてくれるので安心♪
     いつでも助け合える職場環境です。
9:00 ご家庭、オフィスへ訪問しヤクルト商品をお届け
     ※訪問軒数は約40軒程度です。(地域によって異なります)
     「オススメのヤクルト400飲んでたら、最近調子が
     良くなってきたよ」といった、ご自身の健康に関しての
     嬉しいお言葉をもらうことも
13:30 ヤクルトセンターに戻ってランチタイム 
      主婦という同じ立場の人が多く働く環境だから、話も弾みます。
 
      売上のまとめや翌日の商品準備をして帰宅。
15:00 お子様のお迎え 隣接する保育室だからお迎えも楽々です。

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

勝浦市あれこれ

千葉県の南東部、南房総国定公園の中にある勝浦市は、1958年10月市制施行により誕生しました。広さは東西に14キロメートル、南北に12.5キロメートル、面積は67.0平方キロメートルです。東京からはJR京葉線特急で約1時間30分、自動車では京葉道路と館山自動車道から国道297号を利用しアクセスできます。勝浦市は黒潮が北上する太平洋岸沿いにあり、冬は暖かく夏は涼しい避寒地、避暑地、になっています。農業は稲作が中心で、勝浦産コシヒカリが生産されています。温暖な気候を生かしたキウイフルーツなどの果物や、粘土質の土壌を生かしたタケノコの産地としても有名です。古くから漁業が盛んで、カツオ、伊勢エビ、アワビなどがよく獲れます。新鮮なアジで作る「なめろう」は、勝浦市の郷土料理です。海の幸ではありませんが、「勝浦タンタンメン」は2012年の関東・東海B級グルメ大会でゴールドグランプリを受賞しました。新鮮な野菜や魚介類を朝市で購入することができます。勝浦朝市は400年以上の歴史があり、水曜日以外の毎日開催されます。白い砂浜と澄んだ海が広がり、夏は海水浴客でにぎわいます。守谷海水浴場は、「日本の水浴場88選」に選ばれました。勝浦海中公園には海中展望台と海上展望台があり、美しい海の中と地上からの景観の両方を楽しむことができます。リアス式海岸がつくりあげた変化に富んだ自然の造形、鵜原理想郷は散策に最適です。中庭にツチクジラの骨格標本が展示されている海の博物館、人工衛星の追跡と管制を行う勝浦宇宙通信所では向学心が刺激されます。勝浦市では一年中お祭りやイベントが楽しめます。遠見岬神社の石段60段を始め市内至る所にひな人形が飾られる「かつうらビッグひな祭り」、八坂神社の例祭で行われる「鵜原の大名行列」、19基のみこしがそろう「勝浦大漁まつり」、100年以上の歴史がある「勝浦の春祭り」、迫力満点「かつうら若潮まつり花火大会」など大勢の人が勝浦に集います。