東京都西東京市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、西東京市の求人一覧を掲載しています。西武池袋線と西武新宿線が通っており、西武池袋線のひばりが丘駅には大型商業施設があります。銀行のお仕事、販売、セレピストなど、生活に密着した数々の求人があります。また、介護・薬剤師など活用出来る資格があると有利です。

検索結果2件 1-2件目を表示

お給料 時給1300円(当初3ヵ月試用期間-30円)

※労働条件等の詳細はお仕事説明会でお伝えします。
地域・駅 西武池袋・豊島線ひばりケ丘駅徒歩3分
勤務時間/シフト 全営業日/9:00〜
17:00(休憩60分)
PR

よく「経験がないとダメでしょ?」と聞かれますが、
そんなことはありません!
りそな銀行では未経験で入られた主婦の方が
多数活躍中です!

お給料 土日祝:時給1,000円〜1,420円
平日:時給1,000円〜1,220円
※入社時研修〜昇格まで1,000円
地域・駅 東京都西東京市
※ご自宅最寄駅・沿線を考慮の上、当社にて勤務先を決定しますので
 上記エリア以外への勤務の可能性もございます。
勤務時間/シフト ご勤務いただく物件により異なります。
例)9:30〜17:30/10:00〜17:00/11:00〜18:00
(休憩60分)
PR

◆三井不動産レジデンシャル100%出資子会社ならではの安心して働ける環境
業界未経験の方でもキャリアを活かせるお仕事が多数!
三井不動産グループとしての“実績”と“信頼”で安心して伸び伸びと働くことが可能です。

◆週2〜3日勤務だから家事と仕事の両立が可能
主婦が多数活躍している当社では、土日を中心とした週2〜3日からの勤務が可能。
仕事と家事に追われるだけでなく、プライベートもしっかりと確保できます。

◆いつでも相談できるエリアコーディネーターの存在
ハウジング・コーディネーターがお仕事をしやすいよう、販売センターを回って
職場環境や体制を整え、その業務をサポートしているのがエリアコーディネーター。
よき相談相手となり、そのスキルを最大限に引き出してお仕事をしやすい
環境づくりを日々サポートしています。


<<実際に働くスタッフの声を紹介します>>
・子供の手が離れ、時間的に余裕が出来たことと、もともとインテリアに
 興味があったことがきっかけで、ここで働きたいと思いました。
 実際にお仕事をはじめて、主婦としての目線を活かして
 ご提案出来ることが、こんなに価値になるとは思いませんでした。

・職場の人たちがみんなイキイキと楽しく仕事をしています。
 それは、週2日〜3日のシフト制なので家事や習い事との両立も十分可能ですし、
 社会と繋がっている安心感が得られることが大きな理由。
 今では私も、楽しくイキイキ働いている一員です。

・居心地の良い現場や、個々の事情に配慮した勤務形態など、スタッフを
 大事にしてくれるこの会社はとても魅力的で、私のように復職する人も
 少なくありません。ワークライフバランスを大切にする主婦にとって、
 この仕事は充実感を得られる素晴らしいお仕事だと思います。

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

西東京市あれこれ

西東京市は2001年に田無市と保谷市の合併によりできた街です。鉄道は、西武池袋線と西武新宿線が通っており、西武池袋線では保谷駅、ひばりが丘駅があり、西武新宿線では東伏見駅、西武柳沢駅、田無駅が通っています。ひばりが丘駅には大型商業施設のパルコがありショッピングには困りません。東伏見駅には「ダイドードリンコアイスアリーナ」というスケート場があります。駅から近く、フィギュアスケートのショーやアイスホッケーの試合を見ることができます。ショーなどがないときには一般利用ができ、気軽にスケートを楽しむことができます。また、近くには早稲田大学の東伏見運動場があります。敷地内には、硬式野球運動場や野球部寮があり「ハンカチ王子」こと斎藤祐樹投手(北海道日本ハムファイターズ)が学生の頃は沢山の見物客やファンが押し寄せてにぎわっていたようです。東伏見駅から徒歩10分のところには下野谷(したのや)遺跡公園があります。下野谷遺跡は約5000年前の縄文時代中期に人が生活していた集落があった貴重な遺跡です。2015年3月10日に歴史上、学術上価値の高いもの、とされる国史跡に指定されました。縄文時代の集落としては南関東で最大級といわれ、450軒以上の住居跡が発掘されています。 公園の南側には、縄文人が食べていたというコナラ・クリ・トチノキ・モミなどの樹木が植えられた「縄文の森」もあります。国史跡指定記念シンポジウム「縄文時代の大集落遺跡を探る・護る・活かす」を開催したり、下野谷遺跡キャラクター「したのやムラのしーたとのーや」の切手シートが作られたりもしています。縄文の森の秋まつりが毎年行われ、火おこし体験や縄文土器、勾玉作りなど、ワクワクするイベントがもりだくさんです。中学生が下野谷遺跡を活用したまちづくりを提案するワークショップも行われており、子どもから大人まで、市民全体が下野谷遺跡を盛り上げていこうという意気込みが感じられるステキな街です。