東京都西東京市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、西東京市の求人一覧を掲載しています。西武池袋線と西武新宿線が通っており、西武池袋線のひばりが丘駅には大型商業施設があります。銀行のお仕事、販売、セレピストなど、生活に密着した数々の求人があります。また、介護・薬剤師など活用出来る資格があると有利です。

検索結果2件 1-2件目を表示

みずほ銀行 ひばりが丘支店

掲載期間:2018-04-16~

お仕事No.:銀行ロビーでの受付・案内・誘導:7083

お給料 時給1,070円(当初6ヶ月/1,020円)
地域・駅 西武池袋線ひばりケ丘駅徒歩5分、西武池袋線東久留米駅徒歩5分
勤務時間/シフト 【月間出勤日数】12日 【就業時間/実働時間】10:00〜15:30/4.5時間
PR

★★<みずほ>では、★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

勤務形態に関わらず、能力や活躍に応じてキャリアアップできる人材制度が、2018年4月からスタートしました。

勤続2年6ヶ月を超えた方には、年1回無期雇用契約に展開する機会があります。無期雇用では契約期限を意識せず60歳まで勤務でき、再雇用制度を通じ65歳まで勤務することが可能です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みずほ銀行の直接雇用となります。

<お仕事POINT>
★大手企業で長期に安定して働けます
★1日4.5時間、月間12日間。扶養控除内OK◎
★週休2日制/土日祝休み、残業少なめ☆家庭とお仕事を両立できます♪
★交通費は全額支給
★制服貸与制度あり。オフィスは禁煙で快適です

★お客様に接する仕事が好きな方歓迎!
★主婦・主夫の方、子育て中のママも多数活躍中!
★お仕事を始める前はもちろん、始めた後も充実の研修でフォローアップ
 退職後のブランクがあっても安心。子育てから復帰した先輩も活躍しています!

◎Uさん(勤務歴:10ヶ月)
「子供は1歳。保育園ですが、勤務が15:30に終わるので、両立できると思い、応募しました。仕事をしていると社会と繋がっていると思え、充実しています。会社に行く時は、服装も整えて気持ちも引き締まり、保育園で子供を迎える時には笑顔になります。」

◎Aさん(勤務歴:10ヶ月)
「ロビー案内って、立ちっぱなしの仕事だと思っていたのですが、実際は、支店内を歩き回って、フロア全体、お客様一人ひとりに目を配ってご案内しています。お客様が「ありがとう」と言ってくださるのが嬉しい瞬間ですね。」

まずはご相談ください。

三菱UFJ銀行 田無支店

掲載期間:2018-04-16~

お仕事No.:TCL3524

お給料 時給1,050円〜1,180円(初回6ヵ月980円)*経験等による
地域・駅 田無駅 徒歩2分
勤務時間/シフト 9:40〜15:30(休憩60分)/月間14〜15日程度
PR

三菱UFJ銀行での雇用(契約社員)となりますので、通勤費の支給や有給休暇など、待遇面も充実しています。

また、ご勤務前に導入研修をご用意しています。

「ブランクがあるけれど、経験を活かして働きたい。」
「時間に余裕がもてるようになったので、もう一度働いてみたい。」

扶養控除内のお仕事なので、無理なく働くことができます。
家事との両立にも最適です!

ぜひ、あなたのご経験を活かしてください。

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

西東京市あれこれ

西東京市は2001年に田無市と保谷市の合併によりできた街です。鉄道は、西武池袋線と西武新宿線が通っており、西武池袋線では保谷駅、ひばりが丘駅があり、西武新宿線では東伏見駅、西武柳沢駅、田無駅が通っています。ひばりが丘駅には大型商業施設のパルコがありショッピングには困りません。東伏見駅には「ダイドードリンコアイスアリーナ」というスケート場があります。駅から近く、フィギュアスケートのショーやアイスホッケーの試合を見ることができます。ショーなどがないときには一般利用ができ、気軽にスケートを楽しむことができます。また、近くには早稲田大学の東伏見運動場があります。敷地内には、硬式野球運動場や野球部寮があり「ハンカチ王子」こと斎藤祐樹投手(北海道日本ハムファイターズ)が学生の頃は沢山の見物客やファンが押し寄せてにぎわっていたようです。東伏見駅から徒歩10分のところには下野谷(したのや)遺跡公園があります。下野谷遺跡は約5000年前の縄文時代中期に人が生活していた集落があった貴重な遺跡です。2015年3月10日に歴史上、学術上価値の高いもの、とされる国史跡に指定されました。縄文時代の集落としては南関東で最大級といわれ、450軒以上の住居跡が発掘されています。 公園の南側には、縄文人が食べていたというコナラ・クリ・トチノキ・モミなどの樹木が植えられた「縄文の森」もあります。国史跡指定記念シンポジウム「縄文時代の大集落遺跡を探る・護る・活かす」を開催したり、下野谷遺跡キャラクター「したのやムラのしーたとのーや」の切手シートが作られたりもしています。縄文の森の秋まつりが毎年行われ、火おこし体験や縄文土器、勾玉作りなど、ワクワクするイベントがもりだくさんです。中学生が下野谷遺跡を活用したまちづくりを提案するワークショップも行われており、子どもから大人まで、市民全体が下野谷遺跡を盛り上げていこうという意気込みが感じられるステキな街です。