埼玉県蕨市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、蕨市の求人一覧を掲載しています。中山道の要所であった蕨市。日本で一番面積の小さな市ながら、人口密度が高く、家事代行やパソコンスクールの講師など家事や子育ての経験が活かせるお仕事もたくさん掲載。ブランクを気にせず応募を。

検索結果1件 1-1件目を表示

川口ケアセンター

掲載期間:2018-09-19~

お仕事No.:訪問介護ヘルパー/正規職員

お給料 月給215,000円 〜
<備考>
(給与内訳)
基本給160,000円+資格手当10,000円+サービス提供責任者手当15,000円+処遇改善加算手当30,000円

※処遇改善加算手当月額30,000円(27年10月度〜12月度)
※処遇改善加算手当は3ヶ月ごとに金額は見直します
地域・駅 [JR]京浜東北線/蕨
勤務時間/シフト 8:30〜17:30
※利用者のケア時間により勤務時間の変動あり
PR

ご利用者が住み慣れたご自宅でいつまでも生き活きと暮らしていくことができるように、訪問介護計画書に沿ってご利用者の持っている力を活かし、サポート支援します。
大起エンゼルヘルプではチームケアとして行う為、毎回、決まったご利用者のケアをするということではありません。
複数人のヘルパーがご利用者のケアを行うことにより、様々な視点からご利用者の状態を常に確認することが出来、予防の視点をもって生活の場に関わります。
年に数回、ご利用者への目標に近づいているかの確認、進捗状況を点検し今後の支援に活かしていきます。
又、大起エンゼルヘルプでは、「ねこの手ブラウニー」というサービスがあります。
これは介護保険内では出来ない、ご利用者との旅行や犬の散歩、年末の大掃除等、ご利用者の願いの期待に応えるために考え出した、自費サービスになります。
ご利用者の願い、それを叶えたいヘルパー、それを応援し実現させたい会社の想いが形となったのが、「ねこの手ブラウニー」です。

検索結果1件 1-1件目を表示

あなたにおすすめの記事

蕨市あれこれ

蕨市は、人口約7万2千人を擁する市です。日本で一番面積の小さな市で、人口密度が高くなっています。江戸時代は中山道で江戸川2番めの宿場町として栄えていました。蕨宿には本陣が2箇所あり、大名などに宿を提供していました。蕨本陣跡は市の指定文化財として当時の歴史を伝えています。毎年文化の日に、蕨宿で中山道武州蕨宿宿場まつりが盛大に行われています。衣装に身を包んだ大名行列や鉄砲隊、ミス宿場小町、ミス織姫がマーチングバンドの先導で通りをバレードし、さらにサンカーニバルのダンサーたちのパレードも行われています。京浜東北線の蕨駅から東京駅までは快速で約30分というアクセスの良さから都心部への通勤者の割合が多くなっています。川口市と隣接しており、蕨駅の繁華街は川口と一体化して市街地を形成しています。イトーヨーカドーや西友、マルエツなど、スーパーマーケットが多いので生活しやすい環境です。中山道の要所であった蕨市には、歴史的に貴重な史跡が多くあります。南北朝時代に足利将軍家の一族・渋川義行が築城した蕨城は、廃城になったあとは徳川将軍家の休憩処として使用されていました。本丸跡地には、現在、城址公園が整備され、蕨市民会館、和楽備神社が建っています。和楽備神社は、渋川氏が八幡神を蕨城の守り神に迎えたことが始まりと伝えられています。ここで1946年から行われていた成年式という行事が成人式の発祥です。目にご利益のあるスポットとして知られているのが三学院です。ここの地蔵堂にはお地蔵様が数体安置されていて、その中に目に味噌を塗って眼病平癒をお祈りする「目疾地蔵」があります。蕨市は江戸時代後期から織物が盛んになり蕨の名産品として有名になりました。8月に行われている「機まつり」は織物業者が商売繁盛を祈って行う式典です。また、織物を一大産地とした高橋新五郎・いせ夫婦を偲ぶ機神社が塚越稲荷社境内にあり、「高橋新五郎遺跡」として市の指定文化財になっています。