千葉県我孫子市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、我孫子市の求人一覧を掲載しています。利根川、手賀沼の豊かな水の恩恵を受ける我孫子市。住宅街の多い同市では、家事代行、塾講師、子どもに関わる仕事など、主婦が家事、子育て経験を活かして地元で働ける仕事があります。

検索結果1件 1-1件目を表示

株式会社ライフェクス 東京本社

掲載期間:2018-02-15~

お仕事No.:介護保険外新サービス-1

お給料 @パート社員(週1回 / 2H〜)

時給1,500円〜1,700円(稼動実績に応じて必ず昇給。但し、試用期間20Hは1,300円)

※収入例:週3日×1日2件(計5時間)の場合=月収90,000円〜102,000円

A契約社員A(実働1日8H / 週40H目安)

月給330,000円(試用期間3ヶ月は270,000円〜330,000円。実績考慮)

B契約社員B(実働1日6H / 週30H目安)

月給250,000円(試用期間3ヶ月は200,000円〜250,000円。実績考慮)

以上のなかからご希望の雇用形態が選べます。
地域・駅 ご自宅最寄駅から30分〜60分圏内の通勤し易いお仕事をご紹介します。お気軽にご希望をお聞かせください。
勤務時間/シフト ・ 毎週決まった曜日・時間の固定シフト(専任でお客様をご担当いただきます)。

・ 勤務する曜日、時間帯など、お気軽にご相談ください(登録制)。
PR

私たち、ライフェクスは家事代行サービスを行っている会社です。メインターゲットを富裕層のご家庭とし、主に掃除・料理・洗濯などの家事をお手伝いしています。スタッフが訪問するお宅や日時は固定制となっており、毎回同じスタッフが来ることで安心感があるとお客さまに好評です。

今回は今まで培ったそのノウハウを基に新サービスにチャレンジします。『もっとご利用者様やそのご家族に喜んでいただいてもらいたい!』というサービス精神旺盛な皆様からのご応募お待ちしております!

【具体例】

・ 各ご家庭を訪問して、特に介護保険でまかないきれないご高齢者の身の回りのお世話(食事介助、体位変換(寝返り等)、服薬介助 (お薬の飲み忘れがないかの確認や促し)、車椅子介助、歩行介助、排泄介助、衣服着脱介助 など)やそのご家族の家事をサポート。
・ 共働きのご夫婦、高齢者世帯への家事代行、特に家事全般水廻りの掃除や洗濯など負担になっている部分のお掃除。
・ クリーニングの出し入れやお買い物などの代行。
・ お散歩やお墓参りなど、外出や通院時の付き添い。
・ ご高齢者とのお話相手。
・ ペットのお散歩の代行。
・ ご利用者様が、デイサービス等に出かけていらっしゃるご不在時にお部屋のお掃除やベッドメイク等をするご不在サービス。
・ 等々。

※他の資格を必要とする内容(医療行為や理容行為など)、専門的な知識を必要とする内容(ハウスクリーニングや、車の手入れや洗車)、危険な作業(重量物の移動や運搬、高所での作業)は、お断りしているので安心です。

検索結果1件 1-1件目を表示

あなたにおすすめの記事

我孫子市あれこれ

利根川と手賀沼に挟まれた街、千葉県我孫子市。利根川の豊かな流れがにより、江戸時代には水運が隆盛し、交通の要として繁栄しました。水運が衰退したあとも街は途絶えず、鉄道が走ることで現在は東京のベッドタウンとして定着しています。常磐線各駅・快速線、さらに成田(我孫子支線)線の始発駅なのは、通勤も快適ですね。最近では、市が若いファミリー向けに支援を強化しており、子育てがしやすい街として高評価を得ているとのこと。我孫子市というと豊かな自然を思い浮かべる方も多いと思いますが、明治時代には学者や文人が次々と移り住んだ文化人の集う場所でした。なかでも志賀直哉は柳宗悦に誘われ我孫子に移住し、代表作である「城の崎にて」「和解」「暗夜行路(後編の途中まで)」をこの地で執筆しています。さらに志賀と学習院時代の同級生であった武者小路実篤やも移り住み、白樺派の拠点となりました。「白樺派」は、新しい文化を生み出そうとする文藝・思想運動に名づけられた呼称です。当時、その情熱を民藝活動として実践したのが、柳、志賀らが率いる仲間たちでした。彼らの活動は書籍として資料館に残されています。2000年に我孫子市緑に白樺記念館が設立され、かつての雑誌「白樺」復刻版の展示や、白樺派民藝運動関係書籍を閲覧することができます。今の穏やかな街からは想像できない、熱い思いを発信する地だったのですね。今も昔も変わらないのは、豊かな自然です。10ヶ所以上の公園と3つの市民の森がある街は、東京近郊では少ないのではないでしょうか。これも、利根川、手賀沼の豊かな水の恩恵によるものでしょう。手賀沼のほとりには、日本初の鳥だけを扱った博物館、鳥の博物館が建っています。鳥についての研究はもちろん、人間との共生をテーマに子どもも大人も、考え、楽しめる施設となっています。お仕事帰りは豊かな自然に触れ、時には文人の情熱に思いを馳せるのも楽しいですね。