千葉県旭市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、旭市の求人一覧を掲載しています。農畜産物産出量は県内一位の旭市。豊富な農産物を活かした観光にも力が入れられています。銀行でのお仕事をはじめ、家事代行など家事、子育て経験を活かして地元で働ける仕事がたくさんあります。

検索結果1件 1-1件目を表示

株式会社ライフェクス 東京本社

掲載期間:2018-02-15~

お仕事No.:介護保険外新サービス-1

お給料 @パート社員(週1回 / 2H〜)

時給1,500円〜1,700円(稼動実績に応じて必ず昇給。但し、試用期間20Hは1,300円)

※収入例:週3日×1日2件(計5時間)の場合=月収90,000円〜102,000円

A契約社員A(実働1日8H / 週40H目安)

月給330,000円(試用期間3ヶ月は270,000円〜330,000円。実績考慮)

B契約社員B(実働1日6H / 週30H目安)

月給250,000円(試用期間3ヶ月は200,000円〜250,000円。実績考慮)

以上のなかからご希望の雇用形態が選べます。
地域・駅 ご自宅最寄駅から30分〜60分圏内の通勤し易いお仕事をご紹介します。お気軽にご希望をお聞かせください。
勤務時間/シフト ・ 毎週決まった曜日・時間の固定シフト(専任でお客様をご担当いただきます)。

・ 勤務する曜日、時間帯など、お気軽にご相談ください(登録制)。
PR

私たち、ライフェクスは家事代行サービスを行っている会社です。メインターゲットを富裕層のご家庭とし、主に掃除・料理・洗濯などの家事をお手伝いしています。スタッフが訪問するお宅や日時は固定制となっており、毎回同じスタッフが来ることで安心感があるとお客さまに好評です。

今回は今まで培ったそのノウハウを基に新サービスにチャレンジします。『もっとご利用者様やそのご家族に喜んでいただいてもらいたい!』というサービス精神旺盛な皆様からのご応募お待ちしております!

【具体例】

・ 各ご家庭を訪問して、特に介護保険でまかないきれないご高齢者の身の回りのお世話(食事介助、体位変換(寝返り等)、服薬介助 (お薬の飲み忘れがないかの確認や促し)、車椅子介助、歩行介助、排泄介助、衣服着脱介助 など)やそのご家族の家事をサポート。
・ 共働きのご夫婦、高齢者世帯への家事代行、特に家事全般水廻りの掃除や洗濯など負担になっている部分のお掃除。
・ クリーニングの出し入れやお買い物などの代行。
・ お散歩やお墓参りなど、外出や通院時の付き添い。
・ ご高齢者とのお話相手。
・ ペットのお散歩の代行。
・ ご利用者様が、デイサービス等に出かけていらっしゃるご不在時にお部屋のお掃除やベッドメイク等をするご不在サービス。
・ 等々。

※他の資格を必要とする内容(医療行為や理容行為など)、専門的な知識を必要とする内容(ハウスクリーニングや、車の手入れや洗車)、危険な作業(重量物の移動や運搬、高所での作業)は、お断りしているので安心です。

検索結果1件 1-1件目を表示

あなたにおすすめの記事

旭市あれこれ

千葉県旭市は、九十九里浜の最北端に面しています。農畜産物産出量は県内一位、全国でも9位となる豊かな海と大地に恵まれた街。江戸時代から干潟として干拓された歴史の長い地域でもあります。そんな海の恵みたっぷりの旭市は、その海によって大きな被害を受けたこともあります。東日本大震災です。東北の被害が甚大だったことから大きく報道されていませんが、太平洋に面する旭市も津波に遭いました。死者14人、住家被害は、全壊、一部損壊を含め約3800棟が被害にあっています。震災直後の、打ち上げられた漁船や流されたがれきの写真は、当時の被害の大きさを物語り、改めて何も起きていないこと"の有難さを思い出させてくれます。旭市ではこの震災の被害、復興までの道のりや災害時の対策までをまとめ、防災資料館に展示しています。震災では被害をもたらした海ですが、やはりその恩恵もかけがえのないもの。水揚げ量は県内2位を誇り、とくにカタクチイワシは全国2位。丸干しイワシは全国1位の生産量を誇り、旭市を支えています。そして、旭市はやはりその長い歴史が魅力を発揮しています。玉崎神社は千葉県指定有形文化財、熊野神社、鎌数伊勢大神宮、八坂神社は千葉県指定無形民俗文化財に指定されている神楽や祭りが行われ、神社仏閣好きにはたまらない地域なのです。特に鎌数伊勢大神宮は、先にご紹介した干潟にゆかりのある神社なのです。干潟と神社の関係には、ある伝説が残されています。干拓事業が行われていた時、湖の水を海に流すことに苦心していた白井治郎衛門は、日ごろから信仰していた伊勢大神宮に「どのように川を掘るべきでしょうか。この舟を掘るべき方向へお導きください」と祈りました。すると、舟は風に左右に揺られながら、鎌数の村にたどり着いたということです。治郎衛門と村人たちは喜び、鎌数の地から干拓を順調に進め、寛文十一年には立派な水田ができるまでになったといわれています。そこで、舟が流れ着いた鎌数の地に大宮柱を祀ったのが、現在の鎌数伊勢皇大神と伝えられています。いつも、悩まされ、しかし喜びも与えてくれた海とともに、旭市は更なる発展を目指しています。"