東京都清瀬市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、清瀬市の求人一覧を掲載しています。ニンジンの収穫量が、都内で最大の清瀬市。農家の方々の意識も高く、農産物のブランド化に力を入れています。家事代行やスーパー、銀行、学習塾の講師など、地域で働ける求人が多いエリアです。

検索結果2件 1-2件目を表示

大同生命保険株式会社

掲載期間:2018-02-15~

お給料 月給15万〜25万円(一律手当含)+諸手当
※採用時支給額。地域・能力により異なります。
◆支給例
東京・神奈川・千葉・埼玉の支社:月給20万円〜25万円

◆職員の平均給与例
月給38万3000円(平成27年度実績)
※給与は年間平均の税込定例給与。賞与は含みません。
地域・駅 東京全域、神奈川全域、埼玉全域、千葉全域
勤務時間/シフト 9:00〜17:00
※残業はほとんどなし。
 17時にはきっちり退社し夕飯の準備をする主婦さんが多いです。
※都内は9:20〜17:20
PR

<<企業福利厚生プランナー(法人営業)のお仕事って?>>
中小企業が多く参加している団体「法人会」の会員企業さまを訪問し、
「福利厚生制度」としての保険のコンサルティングセールスや加入後のアフターフォローを行うお仕事です。
訪問先は企業のみで、個人宅訪問ではありません。訪問先は、弊社で準備いたします。
弊社の指導に従って活動するので、安心して仕事に取り組めます。

<<未経験&ブランクOK!30〜40代女性活躍中!その理由は?>>
・「プラチナくるみんマーク」取得の子育てサポート企業です。
・半日有給制度で、PTA活動、参観日、個人面談などの学校行事にも参加できます。
・営業未経験者、専業主婦、パートの方も安心スタートできる充実の「研修制度」があります。

ママが多く活躍しているのでお子様の「学校行事」「急な発熱」等の際も気兼ねなく有休がとれます。
研修もしっかりあるので、営業・金融系未経験でも、ブランクあっても安心♪
保険・税務・年金の知識も身につきます!

働く女性応援☆育児と仕事を両方がんばりたい方にオススメです。

パソコン市民講座 丸井錦糸町教室

掲載期間:2018-02-15~

お仕事No.:10011061

お給料 【レギュラーパート】
時間や曜日に制約を持たないフルタイム勤務@¥1,080/時間 
【扶養範囲内パート】
週3日以上1日6H以上勤務・土日のいずれかを含む@¥980/時間
地域・駅 東京メトロ半蔵門線・総武本線 【丸井錦糸町駅】
勤務時間/シフト 1か月ごとのシフト制 9:30-20:30 の中で教室シフトに準じてご勤務いただきます
PR

地域のすべての方々にパソコンスキルの普及を目標に掲げるPC大好き集団です
大型ショッピングセンターや百貨店内にすべての教室を展開しておりますので
家庭との両立やセキュリティ面でも便利に安心してご勤務いただけます。
充実の研修制度がありますのでスキルに自信のない方もぜひ挑戦してください。

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

清瀬市あれこれ

女優・堀北真希の出身地である清瀬市は、自然が豊かで農業が身近に感じられる風景が特徴です。農地面積が市総面積の約20%を占めていて、特にニンジンの収穫量は、都内で最大となっています。ホウレン草をはじめ、多数の農作物において都内で有数の産地となっています。農家の方々の意識も高く、農産物のブランド化に力を入れています。ブランド化された清瀬産ニンジン「ベータ−キャロット」は、芯まで赤く、βカロテンが多く含まれており、とても健康に良いです。味は甘くニンジン臭さが少ないので、ジュースやサラダがおすすめです。、ニンジンを使った特産品「きよせにんじんジャム」は、清瀬産のニンジンを100%使用し、そこにりんごやレモンを加えて食べやすくしました。パンだけでなく、ヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。ネットでの注文もできます。「君暮らす街」という名のニンジン焼酎も数量限定で市内酒屋さんで販売されています。甘味の強い清瀬のブランドニンジン「ベーターキャロット」を使っていて、味はコクのある美味しさにしあがっています。焼酎のラベルは、ペーパークラフトの第一人者で、清瀬市在住の太田隆司さんが制作しました。 このラベルを好んで購入する人も多く、皆様から支持される商品となりました。「君暮らす街」という名前の由来は 「まっ直ぐで飾らず、キレイに生活感がある。街を人を愛しむ気持ちと過ぎし日を懐かしむ…」という気持ちを込めたそうです。毎年「清瀬市農業まつり」が行われています。生産者と消費者の交流を深めることを目的としており、清瀬産農産物の直売や、優れた農産物が出品される品評会も同時に開催されます。圧巻なのは、野菜で作られた大きな宝船。江戸時代頃から始められた野菜の宝船の風習は、五穀豊穣や人々の健康、新年の初出荷を祝う初荷(はつに)として作られたそうです。ちなみに野菜の宝船で使われた野菜はチャリティー配布されます。