千葉県鎌ヶ谷市の主婦求人

地元で働きたい主婦(主夫)のためのパート・アルバイト情報、「おしごとnet」。このページでは、鎌ヶ谷市の求人一覧を掲載しています。東武野田線(東武アーバンクライン)、新京成線、北総線、成田スカイアクセス線とさまざまな路線が通る鎌ヶ谷市。家事、子育て経験を活かして地元で働ける仕事がたくさんありますよ。

検索結果2件 1-2件目を表示

大同生命保険株式会社

掲載期間:2018-02-15~

お給料 月給15万〜25万円(一律手当含)+諸手当
※採用時支給額。地域・能力により異なります。
◆支給例
東京・神奈川・千葉・埼玉の支社:月給20万円〜25万円

◆職員の平均給与例
月給38万3000円(平成27年度実績)
※給与は年間平均の税込定例給与。賞与は含みません。
地域・駅 東京全域、神奈川全域、埼玉全域、千葉全域
勤務時間/シフト 9:00〜17:00
※残業はほとんどなし。
 17時にはきっちり退社し夕飯の準備をする主婦さんが多いです。
※都内は9:20〜17:20
PR

<<企業福利厚生プランナー(法人営業)のお仕事って?>>
中小企業が多く参加している団体「法人会」の会員企業さまを訪問し、
「福利厚生制度」としての保険のコンサルティングセールスや加入後のアフターフォローを行うお仕事です。
訪問先は企業のみで、個人宅訪問ではありません。訪問先は、弊社で準備いたします。
弊社の指導に従って活動するので、安心して仕事に取り組めます。

<<未経験&ブランクOK!30〜40代女性活躍中!その理由は?>>
・「プラチナくるみんマーク」取得の子育てサポート企業です。
・半日有給制度で、PTA活動、参観日、個人面談などの学校行事にも参加できます。
・営業未経験者、専業主婦、パートの方も安心スタートできる充実の「研修制度」があります。

ママが多く活躍しているのでお子様の「学校行事」「急な発熱」等の際も気兼ねなく有休がとれます。
研修もしっかりあるので、営業・金融系未経験でも、ブランクあっても安心♪
保険・税務・年金の知識も身につきます!

働く女性応援☆育児と仕事を両方がんばりたい方にオススメです。

パソコン市民講座 丸井錦糸町教室

掲載期間:2018-02-15~

お仕事No.:10011061

お給料 【レギュラーパート】
時間や曜日に制約を持たないフルタイム勤務@¥1,080/時間 
【扶養範囲内パート】
週3日以上1日6H以上勤務・土日のいずれかを含む@¥980/時間
地域・駅 東京メトロ半蔵門線・総武本線 【丸井錦糸町駅】
勤務時間/シフト 1か月ごとのシフト制 9:30-20:30 の中で教室シフトに準じてご勤務いただきます
PR

地域のすべての方々にパソコンスキルの普及を目標に掲げるPC大好き集団です
大型ショッピングセンターや百貨店内にすべての教室を展開しておりますので
家庭との両立やセキュリティ面でも便利に安心してご勤務いただけます。
充実の研修制度がありますのでスキルに自信のない方もぜひ挑戦してください。

検索結果2件 1-2件目を表示

あなたにおすすめの記事

鎌ヶ谷市あれこれ

千葉県北西部にある鎌ヶ谷市北海道日本ハムファイターズのホームグラウンドがあることでご存知の方もいるかもしれません。各村が合併され鎌ヶ谷市となったのは約40年前。以降、東京近郊のホームタウンとして着実に発展しています。交通面では東武野田線(東武アーバンクライン)、新京成線、北総線、成田スカイアクセス線が走り、新鎌ヶ谷駅から成田空港へ約30分、羽田空港へ約1時間でアクセスできる便利のよさを備えています。鎌ヶ谷市中央地区にある新鎌ヶ谷駅は1991年に都市計画決定され、以降各鉄道の乗り入れ、大型ショッピングセンターオープンなど街開きが行われました。今ではさらに複合型商業施設が開業し、市民の交通と生活の拠点となっています。駅近くに総合病院や市役所などの行政施設も並び、困ったことがあれば新鎌ヶ谷エリアに行けば解決することも多いはず。今では穏やかに発展を遂げる鎌ヶ谷市ですが、明治時代には開墾者たちの戦いがあったようです。1869年、政府からの指示により開墾会社が設立され、会社の呼びかけにより鎌ヶ谷地域にも入植者が募集されました。未開拓だった鎌ヶ谷の地は厳しい自然環境にさらされ、開墾が遅々としてすすまない時期が20数年続きました。入植者たちのなかでは元の住居に戻っていく人たちも少なくなかったといいます。このように開拓が困難な中でも地道に生活を営み続けた人々により、鎌ヶ谷は少しずつ拓かれていったのです。しかし、この努力の結果切り開かれた土地の多くが、元の開墾会社の所有物となり、入植者たちは小作人とされてしまう事態となりました。ついに入植者たちは裁判を起こし、我が土地を守るため開墾会社と闘ったのです。1876年には内務卿大久保利通に直訴を行い、訴えるという史実も残っており、村民の熱意が伝わってきます。裁判は敗訴となりましたが、村民の思いを汲み取り、当時の千葉県が土地を開墾会社から買い上げ、村民に安価で払い下げるという処置がされたとのことです。今では想像も及ばないドラマが繰り広げられていたのですね。