洋服の青山蕨錦町店(日東ソーイング)

掲載期間:2017-09-16~

お仕事No.:日東ソーイング/蕨

長期(1年以上)残業なし残業少なめ時間や曜日が選べる出退勤時間調整可能...もっと見る

お給料 時給875円〜1000円

★経験・スキルに応じて優遇させていただきます★
地域・駅 京浜東北線「蕨駅」より車で6分 埼京線「戸田駅」より車で6分
勤務時間/シフト 10:30〜17:30

※週2日から可能
 勤務曜日・勤務時間、ご相談ください!
PR ★ミシンの経験があるという方優遇させていただきます!
★40代〜60代の主婦の方が多数活躍中
★何よりミシンや裁縫が好きという方お待ちしています!
★マイカー通勤可!
★国道17号沿いです!

ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません

ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません

ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません

  • ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません
  • ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません
  • ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません

募集要項

勤務先名 洋服の青山蕨錦町店(日東ソーイング) 雇用形態 アルバイト・パート / 在宅
職種 洋服のお直しのお仕事です。
仕事内容 ミシンを使って婦人服・紳士服の寸法直しを行います。
様々なお洋服を直していくので普段からミシンをよく使う方を歓迎いたします。
技術職になりますので、長期でのお仕事を考えている方にオススメです。

※接客はございません
お給料 時給875円〜1000円

★経験・スキルに応じて優遇させていただきます★
残業
地域・駅 京浜東北線「蕨駅」より車で6分 埼京線「戸田駅」より車で6分 勤務時間/シフト 10:30〜17:30

※週2日から可能
 勤務曜日・勤務時間、ご相談ください!
勤務地 〒335-0005
埼玉県蕨市錦町1丁目2番25号
待遇/福利厚生 マイカー通勤可能
交通費規定内支給
休日休暇 シフトによる
勤務期間 長期のお仕事
歓迎するスキルと経験 ミシンのスキルがある方は歓迎・優遇させていただきます。
長期で働ける方をお待ちしています。

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

企業情報

会社名 日東ソーイング有限会社
企業所在地 101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10  千代田ビル4F
事業内容 洋服の寸法直し
会社HP -
資本金 500万円
従業員数 40名
あなたにおすすめの記事

蕨市あれこれ

蕨市は、人口約7万2千人を擁する市です。日本で一番面積の小さな市で、人口密度が高くなっています。江戸時代は中山道で江戸川2番めの宿場町として栄えていました。蕨宿には本陣が2箇所あり、大名などに宿を提供していました。蕨本陣跡は市の指定文化財として当時の歴史を伝えています。毎年文化の日に、蕨宿で中山道武州蕨宿宿場まつりが盛大に行われています。衣装に身を包んだ大名行列や鉄砲隊、ミス宿場小町、ミス織姫がマーチングバンドの先導で通りをバレードし、さらにサンカーニバルのダンサーたちのパレードも行われています。京浜東北線の蕨駅から東京駅までは快速で約30分というアクセスの良さから都心部への通勤者の割合が多くなっています。川口市と隣接しており、蕨駅の繁華街は川口と一体化して市街地を形成しています。イトーヨーカドーや西友、マルエツなど、スーパーマーケットが多いので生活しやすい環境です。中山道の要所であった蕨市には、歴史的に貴重な史跡が多くあります。南北朝時代に足利将軍家の一族・渋川義行が築城した蕨城は、廃城になったあとは徳川将軍家の休憩処として使用されていました。本丸跡地には、現在、城址公園が整備され、蕨市民会館、和楽備神社が建っています。和楽備神社は、渋川氏が八幡神を蕨城の守り神に迎えたことが始まりと伝えられています。ここで1946年から行われていた成年式という行事が成人式の発祥です。目にご利益のあるスポットとして知られているのが三学院です。ここの地蔵堂にはお地蔵様が数体安置されていて、その中に目に味噌を塗って眼病平癒をお祈りする「目疾地蔵」があります。蕨市は江戸時代後期から織物が盛んになり蕨の名産品として有名になりました。8月に行われている「機まつり」は織物業者が商売繁盛を祈って行う式典です。また、織物を一大産地とした高橋新五郎・いせ夫婦を偲ぶ機神社が塚越稲荷社境内にあり、「高橋新五郎遺跡」として市の指定文化財になっています。