ena稲城(稲城市東長沼)

掲載期間:2017-11-17~

お仕事No.:GKY000021

長期(1年以上)残業なし残業少なめ時間や曜日が選べる出退勤時間調整可能...もっと見る

お給料 時給1,000円〜

◆勤務例:週3日 1日5時間 月収5万円以上
◆扶養要件範囲内(年収100万円目安)
 の勤務も可能
地域・駅 京王相模原線稲城駅 北口より徒歩2分
勤務時間/シフト 平日:14:00〜19:30(〜19:00まででもOK!)
土曜:12:00〜19:30の中で5〜6時間

月〜土の中で週2〜3日
PR ●仕事は難しいスキルは一切不要!
塾enaでの受付・事務をお願いします。
出納業務・書類整理・データ入力・電話、来客対応・生徒の管理などをお任せします。

●30代・40代・50代の主婦が活躍!
週2〜OK、そして午後から勤務だから家庭と両立しやすいです。
午前中は家庭やプライベートのためにたっぷり使えます。

●未経験でも安心!
丁寧な研修制度を準備しているので初心者の方も
安心して仕事が始められます。

【職場はどんなところ?】
職場のメンバーだけでなく、生徒たちとも仲良くなれるので
とても和やかな環境です。

★★★直接子どもたちに指導することはなくても、受付スタッフは校舎
の顔ともいえる大事なスタッフの一員。笑顔で挨拶をすれば私た
ちまで笑顔になり、やる気が沸いてきます。「ena」での学習を
通じて日々成長していく生徒たちと身近に接することで、
きっと自分自身の成長につなげることができますよ。★★★

校舎受付事務スタッフ

校舎受付事務スタッフ

校舎受付事務スタッフ

  • 校舎受付事務スタッフ
  • 校舎受付事務スタッフ
  • 校舎受付事務スタッフ

募集要項

勤務先名 ena稲城(稲城市東長沼) 雇用形態 アルバイト・パート
職種 塾の受付・データ入力・生徒管理/一般事務
仕事内容 校舎受付事務スタッフ
お給料 時給1,000円〜

◆勤務例:週3日 1日5時間 月収5万円以上
◆扶養要件範囲内(年収100万円目安)
 の勤務も可能
残業
地域・駅 京王相模原線稲城駅 北口より徒歩2分 勤務時間/シフト 平日:14:00〜19:30(〜19:00まででもOK!)
土曜:12:00〜19:30の中で5〜6時間

月〜土の中で週2〜3日
勤務地 ena稲城
〒206-0802
東京都稲城市東長沼3106-3 オークプラザ3F
待遇/福利厚生 ◆交通費支給(上限月5万円)
◆昇給有(年1回)
歓迎するスキルと経験 ●PCスキルをお持ちの方
※簡単な入力や操作ができる程度からで大丈夫です!

★20代〜50代の方が活躍されています!
★こどもが好きな方、未経験者の方歓迎です!
選考プロセス 書類選考を通過された方に
選考会のご案内をいたします。
なお、選考会を通過され、
登録会に参加すると、本登録となります。

※選考会は本社(代々木)で開催いたします。

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

メッセージ

●未経験でも大歓迎!!
全国190校以上、海外26校を運営する「ena」ならではのノウハウ
を生かした丁寧な研修とフォローがあるので、未経験の方でも
安心して始めることができます。スタッフ同士の仲も良く、
風通しのよい環境です。経験はなくても「子どもが好き!」と
いう方なら大歓迎です。ぜひご応募ください!

企業情報

会社名 株式会社学究社
企業所在地 151-0053 東京都渋谷区代々木1-12-8
事業内容 学習塾の運営
会社HP https://gakkyusha-job.net/jobfind-pc/
資本金 8億668万円
従業員数 1,864名
あなたにおすすめの記事

稲城市あれこれ

稲城市(いなぎし)は「機動戦士ガンダム」や「ガッチャマン」、「ヤッターマン」などのメカデザインを担当し、国内外で幅広く活躍しているメカニックデザイナーの第一人者、大河原邦男(おおかわら くにお)さんが在住しています。2016年3月には大河原さんを中心に第4回目の「メカデザイナーズサミット」が開催されました。そこでは、稲城市の魅力を発信するプロジェクトが発表されました。プロジェクト第1弾は、JR南武線の稲城長沼駅「いなぎ観光発信基地ペアテラス」の前に、ガンダムとシャア専用ザクの大型モニュメントの設置です。全高約4mにもなるそうです。2016年4月23日(土)にペアテラスがオープンし、同時にモニュメントもお披露目されます。今後も稲城の各地に大河原さんの作品やモニュメントを置くことで観光スポット化を進めていく予定です。また、大河原さんがデザインした稲城市特産品の梨をモチーフにしたイメージキャラクター、梨型メカの「稲城なしのすけ」。市役所でお出迎えしてくれます。さらに市役所1階には大河原邦男さんが寄附をした12分の1スケールのガンダムの模型も常設にて展示しているので記念撮影ができます。稲城市の特産である梨は、果汁が豊かで甘味も強く、シャキシャキとした食感が大好評です。収穫期は、8月上旬から10月上旬です。シーズン中には市内の梨園でさまざまな梨が直売され、はるばる市外から買いに来る方も多くいます。特に人気のあるブランド品種「稲城」は8月下旬頃から販売します。名前のとおり市内の農家で作られた品種で、みずみずしく品のある甘さです。そして驚くのはその大きさ。大きいものではソフトボールほどになります。生産量が少ないことから「幻の梨」とも言われています。 9月の半ばを過ぎると、「稲城」よりさらに一回り大きい「新高」の収穫が始まります。こちらもおいしいと評判です。稲城産の梨は贈答用としても喜ばれています。