東大和市の認可保育園

掲載期間:2018-10-16~

お仕事No.:6244

専門知識が身につく長期(1年以上)残業なし50代以上も活躍中ブランクOK...もっと見る

お給料 時給1400円
地域・駅 武蔵大和
勤務時間/シフト 7:15〜20:30のうち、1日5時間以上
PR 優しい・穏やか・笑顔が園の一番の強みです☆かわいい子どもたちにおいしい給食を届けてください☆「ごちそうさま」が何よりうれしい一言です♪

保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注

保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注

保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注

保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注

  • 保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注
  • 保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注
  • 保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注
  • 保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注

募集要項

勤務先名 東大和市の認可保育園 雇用形態 派遣社員
職種 保育士
仕事内容 保育園での栄養士業務
・給食・おやつの調理、配膳
・調理室の片づけ、衛生管理
・食材の発注
お給料 時給1400円 残業 なし
地域・駅 武蔵大和 勤務時間/シフト 7:15〜20:30のうち、1日5時間以上
勤務地 東大和市
待遇/福利厚生 社会保険完備・有給休暇・交通費全額支給(派遣先による)・年末調整・資格手当て・福利厚生サービス「クラブオフ」 (ご登者者全員対象)・前給制度(当社規定あり)
休日休暇 シフトによる、土日祝、年末年始
有給(法定通り)
勤務期間 長期
歓迎するスキルと経験 【保育士の資格をお持ちの方】
※資格があれば保育園でのお仕事が初めての方もOK!

◆駅から近い場所が良いな…
◆働き方をちょっと変えたい…
そんな勤務地の希望も大歓迎ですよ!
選考プロセス 応募→カウンセリング→お仕事ご紹介→園見学→ご就業開始

応募ボタンよりご応募お待ちしております。
ご質問のみでもお気軽にどうぞ!

お会いできるのを心より楽しみにしています!!

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

企業情報

会社名 株式会社セントメディア
企業所在地 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-24 京王新宿三丁目ビル3F
事業内容 人材派遣・紹介予定派遣事業/業務委託・請負運営事業/人材紹介事業/コンサルティング事業/クラウドソーシング事業
会社HP https://www.saintmedia.co.jp/works/corp/
資本金 9,900万円
従業員数 727名(平成29年3月31日現在)
あなたにおすすめの記事

東大和市あれこれ

東大和市は、東京都の多摩地域北部にある市です。人口約8万人のベッドタウンで、40分ほどで新宿まで行くことができます。有名人の出身者は、俳優の柳楽優弥さんや、メジャーリーグのシアトルマリナーズで活躍している岩隈久志投手です。柳楽さんは映画「誰も知らない」主演し、第57回カンヌ国際映画祭で史上最年少(当時14歳)で男優賞を受賞しています。岩隈投手は、現在(2016年)メジャーリーグのシアトル・マリナーズで活躍しています。東大和市内にある多摩湖は、新東京百景の一つです。正式には村山貯水池といい、多摩川の水を貯水する人造湖です。大正5(1916)年から昭和2(1927)年まで、10年以上の歳月をかけて造られました。面積は市域の約4分の1を占めています。桜の名所としても知られ、周囲に約4万本の桜の木が植えられています。日本で一番美しいとされる村山下第一取水塔もあり、春には多くの花見客で賑わいます。毎年3月には多摩湖駅伝大会が開催されています。小学生の部から一般の部まで、幅広い世代で参加できます。地元の人をはじめ、多くの人が、美しい多摩湖を眺めながらの駅伝を楽しんでおり、東大和市でも人気の高いイベントです。名産品は狭山茶。歴史は鎌倉時代にまで遡ることができ静岡茶、宇治茶とともに日本三大茶の一つとして有名です。埼玉県西部及び東京都西多摩地域を中心に栽培されています。東大和市では、3件の農家が栽培をしています。東京都内で生産される狭山茶は東京狭山茶と言われ、全国的に知られ人気のあるお茶です。生茶葉の収穫量・栽培面積は、多摩地域では第3位です。昔から「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」ということわざもあるほど。選び抜かれた新茶葉と、「狭山火入」という伝統の火入れが、江戸時代からの変わらぬ美味しさの秘密です。この火入れにより鮮やかな緑と重厚な香味やコクが出て、少ない茶葉でも「よく味が出る」お茶に仕上げられています。