東久留米市の小規模保育園

掲載期間:2018-11-18~

お仕事No.:5921

専門知識が身につく長期(1年以上)残業なし50代以上も活躍中ブランクOK...もっと見る

お給料 時給1400円
地域・駅 東久留米
勤務時間/シフト 7:00-20:00のうちシフト制
※7:15〜の早番シフトできる方歓迎
PR 一人一人に合わせた丁寧な保育を心がけています☆人数も少なく、じっくりと子どもに向き合う保育がしたい保育士さんにぴったりの保育園です♪

保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)

保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)

保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)

保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)

  • 保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)
  • 保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)
  • 保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)
  • 保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)

募集要項

勤務先名 東久留米市の小規模保育園 雇用形態 派遣社員
職種 保育士
仕事内容 保育業務全般
・正職員の保育補助(遊びの見守り、保育園の方針に見合った対応、声かけ)
・保育業務に付随した雑務(食事や午睡の準備、保育室内の清掃など)
お給料 時給1400円 残業 なし
地域・駅 東久留米 勤務時間/シフト 7:00-20:00のうちシフト制
※7:15〜の早番シフトできる方歓迎
勤務地 東久留米市
待遇/福利厚生 社会保険完備・有給休暇・交通費全額支給(派遣先による)・年末調整・資格手当て・福利厚生サービス「クラブオフ」 (ご登者者全員対象)・前給制度(当社規定あり)
休日休暇 シフトによる、日曜、祝日、年末年始
有給(法定通り)
勤務期間 長期
歓迎するスキルと経験 【保育士の資格をお持ちの方】
※資格があれば保育園でのお仕事が初めての方もOK!

◆駅から近い場所が良いな…
◆働き方をちょっと変えたい…
そんな勤務地の希望も大歓迎ですよ!
選考プロセス 応募→カウンセリング→お仕事ご紹介→園見学→ご就業開始

応募ボタンよりご応募お待ちしております。
ご質問のみでもお気軽にどうぞ!

お会いできるのを心より楽しみにしています!!

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

企業情報

会社名 株式会社セントメディア
企業所在地 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-24 京王新宿三丁目ビル3F
事業内容 人材派遣・紹介予定派遣事業/業務委託・請負運営事業/人材紹介事業/コンサルティング事業/クラウドソーシング事業
会社HP https://www.saintmedia.co.jp/works/corp/
資本金 9,900万円
従業員数 727名(平成29年3月31日現在)
あなたにおすすめの記事

東久留米市あれこれ

東久留米市は、東京都の多摩地域東部にある湧水の豊富な市です。落合川と南沢湧水群 は東京都内で唯一「平成の名水百選」に選定された名水です。1日の湧水量は約1万トンもあり、一部湧水は水道水の原水になっています。古くからの武蔵野の雑木林に抱かれ、冷たくピュアな湧き水が一年中枯れることなく、こんこんと地表に流れ出ている場所です。 真夏でも、この周辺は涼しく感じられ、湧水からできた小川で水遊びをする子どもたちの元気な姿が見られます。また、ホタルを呼び戻す活動も行われています。「東京の名湧水57選」にも選定されています。東久留米駅の西口ロータリーから市役所の方へ一直線にのびている道路は「まろにえ富士見通り」と呼ばれています。駅改札口(2階)を出て右に進み、自動ドアを通って通路を進んだところにある屋外のテラスは「富士見テラス」と呼ばれています。ここから「まろにえ富士見通り」を見ると、富士山が眺望できるため「関東の富士見百景」に選出されてます。毎年12月25日には、日没の頃に富士山を眺めると、夕日が富士山の頂にかかって沈んでいく「ダイヤモンド富士」を見ることができます。 冬場は特に美しい姿が眺められます。 また、東久留米駅舎は「関東の駅百選」にも選定されています。 特産品は、柳久保小麦(やなぎくぼこむぎ)。江戸時代の嘉永4年(1851)、現在の東久留米市柳窪の奥住又右衛門が、旅先から一本の穂を持ち帰って育て、その中から優良な小麦を見つけ出したことからはじまりました。戦時中に、一旦は途絶え「幻の小麦」となりましたが平成間近、四代目の奥住和夫さんが熱意をもって、農水省生物資源研究所に保存されていた種を譲り受けて、栽培を復活しました。柳久保小麦は、香りがよく手打ちうどんにすると、口の中でもちもちとした食感と風味が広がります。そのほかにも柳久保小麦を使ったまんじゅう・パン・かりんとうなど多数販売されています。