西東京市の認可保育園

掲載期間:2018-11-04~

お仕事No.:2599

専門知識が身につく長期(1年以上)残業なし50代以上も活躍中ブランクOK...もっと見る

お給料 時給1350円以上
地域・駅 西武柳沢
勤務時間/シフト 7:00〜9:00、17:00〜19:00の早番遅番シフト
PR 早番遅番できる方歓迎!キリスト教を基にした保育を行っています♪一人ひとりの個性を愛し、のびのび育てていくことを重視して保育にあたっています☆

認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務

認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務

認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務

認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務

  • 認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務
  • 認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務
  • 認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務
  • 認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務

募集要項

勤務先名 西東京市の認可保育園 雇用形態 派遣社員
職種 保育士
仕事内容 認可保育園での保育全般
・正職員の保育補助
・保育業務に付随する雑務
お給料 時給1350円以上 残業 なし
地域・駅 西武柳沢 勤務時間/シフト 7:00〜9:00、17:00〜19:00の早番遅番シフト
勤務地 西東京市
待遇/福利厚生 社会保険完備・有給休暇・交通費全額支給(派遣先による)・年末調整・資格手当て・福利厚生サービス「クラブオフ」 (ご登者者全員対象)・前給制度(当社規定あり)
休日休暇 シフトによる、日曜、祝祭日、年末年始
勤務期間 長期
歓迎するスキルと経験 【保育士の資格をお持ちの方】
※資格があれば保育園でのお仕事が初めての方もOK!

◆駅から近い場所が良いな…
◆働き方をちょっと変えたい…
そんな勤務地の希望も大歓迎ですよ!
選考プロセス 応募→カウンセリング→お仕事ご紹介→園見学→ご就業開始

応募ボタンよりご応募お待ちしております。
ご質問のみでもお気軽にどうぞ!

お会いできるのを心より楽しみにしています!!

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

企業情報

会社名 株式会社セントメディア
企業所在地 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-24 京王新宿三丁目ビル3F
事業内容 人材派遣・紹介予定派遣事業/業務委託・請負運営事業/人材紹介事業/コンサルティング事業/クラウドソーシング事業
会社HP https://www.saintmedia.co.jp/works/corp/
資本金 9,900万円
従業員数 727名(平成29年3月31日現在)
あなたにおすすめの記事

西東京市あれこれ

西東京市は2001年に田無市と保谷市の合併によりできた街です。鉄道は、西武池袋線と西武新宿線が通っており、西武池袋線では保谷駅、ひばりが丘駅があり、西武新宿線では東伏見駅、西武柳沢駅、田無駅が通っています。ひばりが丘駅には大型商業施設のパルコがありショッピングには困りません。東伏見駅には「ダイドードリンコアイスアリーナ」というスケート場があります。駅から近く、フィギュアスケートのショーやアイスホッケーの試合を見ることができます。ショーなどがないときには一般利用ができ、気軽にスケートを楽しむことができます。また、近くには早稲田大学の東伏見運動場があります。敷地内には、硬式野球運動場や野球部寮があり「ハンカチ王子」こと斎藤祐樹投手(北海道日本ハムファイターズ)が学生の頃は沢山の見物客やファンが押し寄せてにぎわっていたようです。東伏見駅から徒歩10分のところには下野谷(したのや)遺跡公園があります。下野谷遺跡は約5000年前の縄文時代中期に人が生活していた集落があった貴重な遺跡です。2015年3月10日に歴史上、学術上価値の高いもの、とされる国史跡に指定されました。縄文時代の集落としては南関東で最大級といわれ、450軒以上の住居跡が発掘されています。 公園の南側には、縄文人が食べていたというコナラ・クリ・トチノキ・モミなどの樹木が植えられた「縄文の森」もあります。国史跡指定記念シンポジウム「縄文時代の大集落遺跡を探る・護る・活かす」を開催したり、下野谷遺跡キャラクター「したのやムラのしーたとのーや」の切手シートが作られたりもしています。縄文の森の秋まつりが毎年行われ、火おこし体験や縄文土器、勾玉作りなど、ワクワクするイベントがもりだくさんです。中学生が下野谷遺跡を活用したまちづくりを提案するワークショップも行われており、子どもから大人まで、市民全体が下野谷遺跡を盛り上げていこうという意気込みが感じられるステキな街です。