クリエイティブチーム

掲載期間:2018-11-21~

お仕事No.:191136O

週5日フルタイム勤務残業あり駅から徒歩5分以内社員食堂ありオフィスが禁煙...もっと見る

お給料 時給1600円
地域・駅 ユニバーサルシティ
勤務時間/シフト 09:30〜18:15(休憩60分)
PR デザイン経験をあのテーマパークで活かしてください!完全週休二日制!
デザインからディレクションまでのお仕事♪人気世界レベルのあのテーマパークをクリエイティブ面で支える業務です!エントリーはお早めに☆

【クリエイティブチームでにデザイン業務】
・キービジュアル制作
・報道撮影ディレクション
・グラフィックデザイン業務全般整業務

※Adobeイラストレーター・フォトショップ使用
※Gmail使用

【クリエイティブチームでにデザイン業務】
・キービジュアル制作
・報道撮影ディレクション
・グラフィックデザイン業務全般整業務

※Adobeイラストレーター・フォトショップ使用
※Gmail使用

  • 【クリエイティブチームでにデザイン業務】
・キービジュアル制作
・報道撮影ディレクション
・グラフィックデザイン業務全般整業務

※Adobeイラストレーター・フォトショップ使用
※Gmail使用
  • 【クリエイティブチームでにデザイン業務】
・キービジュアル制作
・報道撮影ディレクション
・グラフィックデザイン業務全般整業務

※Adobeイラストレーター・フォトショップ使用
※Gmail使用

募集要項

勤務先名 クリエイティブチーム 雇用形態 派遣社員
職種 グラフィックデザイナー
仕事内容 【クリエイティブチームでにデザイン業務】
・キービジュアル制作
・報道撮影ディレクション
・グラフィックデザイン業務全般整業務

※Adobeイラストレーター・フォトショップ使用
※Gmail使用
お給料 時給1600円 残業 【残業】20時間/月間
地域・駅 ユニバーサルシティ 勤務時間/シフト 09:30〜18:15(休憩60分)
勤務地 大阪府大阪市此花区
待遇/福利厚生 交通費<なし>自転車通勤も可です。
休日休暇 土・日曜日・祝日休みです。業務で休日出勤の可能性がありますが、平日に振替休日となります。※撮影時には深夜・早朝勤務の場合があります。
勤務期間 即日から長期(6ヶ月〜)です。※長期派遣での勤務です。
歓迎するスキルと経験 【必要スキル・経験】
・グラフィックデザイナーとして2年以上の実務経験。
・基本的なPCスキル(Word/Excel/BusinessE-mail)
選考プロセス ご応募頂いた後にマイナビスタッフからご連絡いたします。

メッセージ

ぜひご応募ください!お待ちしております。

企業情報

会社名 株式会社マイナビワークス
企業所在地 530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA30F
事業内容 労働者派遣事業、有料職業紹介事業
会社HP https://mynavi-works.jp/
資本金 1億円
従業員数 300名
あなたにおすすめの記事

大阪市此花区あれこれ

此花区は、西は大阪湾に面し、北は淀川、南は安治川に接しています。中心となるのは、JRと阪神電鉄の西九条駅です。臨海地区に2001年にオープンしたユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、国際的なテーマパークとして、オープン当初から注目され続けています。現在も、国内外から毎年約1000万人の来訪者があります。最寄りのユニバーサルシティ駅へは、西九条駅からJRゆめ咲線で約5分の距離です。大阪湾には埋め立てによってできた舞洲と夢洲があり、中でも舞洲は、スポーツ・レクリエーションアイランドとして整備が進められています。散策や磯遊びが楽しめるエリアが整備されているほか、新夕陽ケ丘では美しい眺望を楽しむことができます。また、陶芸体験ができる舞洲陶芸館もあります。大阪エヴェッサ、オリックス・バッファローズ、セレッソ大阪の3つのプロスポーツチームが、舞洲を活動の拠点としており、迫力あふれる試合の観戦やファンサービスが楽しめます。舞洲の対岸にある大阪北港マリーナは、都心の近くでリゾート気分を味わうことができるスポット。ヨット、カヤック、ウエイクボードなどのマリンスポーツを体験することができ、ゲストハウスのほか、手軽に利用できる船上宿泊施設もあります。区内には、淀川距離標左岸0.0キロ地点があります。淀川と大阪湾の境界地点のことで、ここを訪れた人には、記念証明書を無料で発行してもらえます。また同区は、節分の「巻きずしの丸かぶり」発祥の地であるという説があります。江戸時代、区内にあったとされる申(さる)村では、節分の日に「世念講(よねんこ)」といわれる集まりを開いていたそうで、そこで巻き寿司を食べる習慣があったのですが、参加人数が多く、巻き寿司を切り分けていては間に合わないため、丸かぶりするようになったと伝えられています。申村は現存しませんが、「申村神社」として創建された庚申堂(こうしんどう)に、その名残があります。丸かぶりの慣習は、今や全国に広がっています。