ぷりずむ館 吉祥寺店(武蔵野市)

掲載期間:2017-11-17~

お仕事No.:4

長期(1年以上)残業少なめ10時以降出社OK社保完備社員割引あり...もっと見る

お給料 月給18万円以上+報奨金
*別途、賞与・決算賞与有(業績により)
*2か月間試用期間有。給与等変更なし
地域・駅 JR総武線・中央線『吉祥寺』駅東改札より徒歩1分
勤務時間/シフト 10:00〜19:00(休憩1時間)
*少し遅めの10時出勤
「シフト制」
PR 輝かしい二十歳を一緒にお祝いしましょう。

あなたの選んだ一枚がお嬢様の最高の思い出にかわる瞬間このお仕事をしていて良かった♪と思えます。

お仕事は、先輩スタッフや店長、ブロック長が丁寧に教えます。
「初心者」でもOK。
人と接することが好きな方。
日本の良き伝統の着物に興味がある方。
ぜひ、ご応募ください。

がんばった方には、特別インセンティブもあります

着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内

着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内

着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内

  • 着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内
  • 着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内
  • 着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内

募集要項

勤務先名 ぷりずむ館 吉祥寺店(武蔵野市) 雇用形態 契約社員
職種 着物レンタルショップの接客スタッフ
仕事内容 着物レンタルショップの接客スタッフ
 ◇二十歳のお嬢様のいるご自宅へ振袖の案内をします
 ◇お振袖やお袴のご試着やご案内
お給料 月給18万円以上+報奨金
*別途、賞与・決算賞与有(業績により)
*2か月間試用期間有。給与等変更なし
残業 ほぼなし
地域・駅 JR総武線・中央線『吉祥寺』駅東改札より徒歩1分 勤務時間/シフト 10:00〜19:00(休憩1時間)
*少し遅めの10時出勤
「シフト制」
勤務地 ぷりずむ館 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-11 KSビル6F
待遇/福利厚生 各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
交通費支給(月額25,000円迄)
育児休暇、産前産後休暇
制服貸与
東急ハーベストなどの割引利用
報奨旅行(2012年グアム 2013年ハワイ 2014年ハワイ)
休日休暇 月8日以上(シフト制)
年間休日108日
基本的に、土曜日・日曜日・祝日は出勤になります
選考プロセス 書類選考→面接→採用
最短で2週間程度で入社OK

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

企業情報

会社名 株式会社ジョイフルまるやま
企業所在地 125-0054 東京都葛飾区高砂5-35-12
事業内容 小売・レンタル業
会社HP http://www.joyful-eli.com/
資本金 5,000万円
従業員数 500名
あなたにおすすめの記事

武蔵野市あれこれ

東京23区に隣接し、通勤・通学に便利なため人口増加が続いています。面積は10.98平方キロメートルです。JR中央線沿いの吉祥寺、中央、武蔵境の3つが主要エリアです。なかでも吉祥寺は東京の住みたい街で常に上位という人気で、文化の発信地としても知られ、吉祥寺シアターなど音楽、演劇、映画関連の施設が多くあります。コピス吉祥寺、サンロード、ハーモニカ横丁、キラリナ京王吉祥寺など商業施設も集まり、大勢の人で賑わいます。武蔵野市立吉祥寺美術館は入館料100円で気軽にアート鑑賞を楽しめます。駅近くに井の頭恩賜公園があり、身近に豊かな自然にふれることもできます。園内には井の頭自然文化園という小規模な動物園があり、国内最長寿69歳のゾウ「はな子」がいます。大木に囲まれた武蔵野八幡宮も近くにあります。中央エリアの三鷹駅周辺は企業や行政機関、文教施設が集まり、周辺は落ち着いた住宅地です。武蔵野市民文化会館にはパイプオルガンが設置され、4年に一度、武蔵野国際オルガンコンクールを開催されます。かつてゼロ戦を製造していた中島飛行機製作所の跡地は、戦後、スポーツやバーベキューを楽しめる武蔵野中央公園に生まれ変わり、玉川上水沿いの緑道では散策を楽しめます。武蔵野市で最初に鉄道駅が設置された武蔵境エリアは、今でも農地が多く残り、市の原風景を留めてます。国木田独歩の小説「武蔵野」の舞台で、境山野緑地は独歩の森として親しまれています。閑静な住宅街、学生のまち、という一面もあり、亜細亜大学には留学生が多く国際的な色合いも感じられます。武蔵野スイングホールでは武蔵境ジャズセッションが毎年開催され、市民、プロミュージシャンの双方が参加します。武蔵野プレイスは図書館、生涯学習センターなどの複合施設で市民活動の拠点となっています。市では小中学生対象の長期宿泊体験学習、セカンドスクールを20年以上続けており、2015年にはグッドデザイン賞を受賞しました。