長期(1年以上)時間や曜日が選べる未経験OK主婦・主夫歓迎ブランクOK...もっと見る

お給料 固定報酬5万円+売上に応じたインセンティブ+ほか手当
(業務成果に応じて報酬が上がる場合があります)
※平成26年上期平均報酬21万578円(月額)
地域・駅 リビング新聞 むさしの版 配布エリア内
勤務時間/シフト 1週間当たり20時間を目安に。1日5時間、週4日(平日)活動
※ミーティングあり(特定曜日)
PR 住み慣れた地元歩き、魅力的で役立つ情報を「リビングさいたま」に掲載する有料広告の形で集め、それに伴う取材を行う「リビングアドバイザー」を募集しています。1日5時間を目安に週4日の稼働時間を自由に使って、地元に暮らす女性に喜ばれる紙面づくりに、リビングアドバイザーとして参加してみませんか。
活躍している女性の声= http://www.sankeiliving.co.jp/recruit/ic_staff.html

「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。

「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。

「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。

「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。

  • 「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。
  • 「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。
  • 「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。
  • 「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。

募集要項

勤務先名 サンケイリビング新聞社 武蔵野本部 雇用形態 業務委託
職種 営業・企画営業(法人対象)
仕事内容 「リビングむさしの」などに掲載される地域情報の広告営業活動および取材活動。
お給料 固定報酬5万円+売上に応じたインセンティブ+ほか手当
(業務成果に応じて報酬が上がる場合があります)
※平成26年上期平均報酬21万578円(月額)
残業
地域・駅 リビング新聞 むさしの版 配布エリア内 勤務時間/シフト 1週間当たり20時間を目安に。1日5時間、週4日(平日)活動
※ミーティングあり(特定曜日)
勤務地 事務所 武蔵野市吉祥寺本町
待遇/福利厚生 業務委託
勤務期間 1週あたたり20時間程度を目安に週4日(平日)活動
歓迎するスキルと経験 主婦、未経験者歓迎
高卒以上、50歳くらいまで
人と話すこと
街歩きやお店訪問が好きな人
研修/教育制度 研修あり
選考プロセス 1 Web応募
2 弊社より書類選考後、通過者のみ面接・適正検査の実施日を連絡
3 履歴書持参で面接・適正検査
4 弊社より約1週間で合格者のみに連絡

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

メッセージ

「リビングむさしの」は地元情報を中心に家庭の主婦をターゲットに生活情報を発信しているフリーペーパーです。時間を自由に調整できるので子育て中でもできます。誰にでも活躍できるチャンスです。

企業情報

会社名 株式会社サンケイリビング新聞社 LA事業部
企業所在地 102-8515 東京都千代田区紀尾井町3-23
事業内容 サンケイリビング新聞およびシティリビングの発行とそれに付帯関連する事業
会社HP http://www.sankeiliving.co.jp/
資本金 1億円
従業員数 444名(平成28年10月1日現在)
あなたにおすすめの記事

武蔵野市あれこれ

東京23区に隣接し、通勤・通学に便利なため人口増加が続いています。面積は10.98平方キロメートルです。JR中央線沿いの吉祥寺、中央、武蔵境の3つが主要エリアです。なかでも吉祥寺は東京の住みたい街で常に上位という人気で、文化の発信地としても知られ、吉祥寺シアターなど音楽、演劇、映画関連の施設が多くあります。コピス吉祥寺、サンロード、ハーモニカ横丁、キラリナ京王吉祥寺など商業施設も集まり、大勢の人で賑わいます。武蔵野市立吉祥寺美術館は入館料100円で気軽にアート鑑賞を楽しめます。駅近くに井の頭恩賜公園があり、身近に豊かな自然にふれることもできます。園内には井の頭自然文化園という小規模な動物園があり、国内最長寿69歳のゾウ「はな子」がいます。大木に囲まれた武蔵野八幡宮も近くにあります。中央エリアの三鷹駅周辺は企業や行政機関、文教施設が集まり、周辺は落ち着いた住宅地です。武蔵野市民文化会館にはパイプオルガンが設置され、4年に一度、武蔵野国際オルガンコンクールを開催されます。かつてゼロ戦を製造していた中島飛行機製作所の跡地は、戦後、スポーツやバーベキューを楽しめる武蔵野中央公園に生まれ変わり、玉川上水沿いの緑道では散策を楽しめます。武蔵野市で最初に鉄道駅が設置された武蔵境エリアは、今でも農地が多く残り、市の原風景を留めてます。国木田独歩の小説「武蔵野」の舞台で、境山野緑地は独歩の森として親しまれています。閑静な住宅街、学生のまち、という一面もあり、亜細亜大学には留学生が多く国際的な色合いも感じられます。武蔵野スイングホールでは武蔵境ジャズセッションが毎年開催され、市民、プロミュージシャンの双方が参加します。武蔵野プレイスは図書館、生涯学習センターなどの複合施設で市民活動の拠点となっています。市では小中学生対象の長期宿泊体験学習、セカンドスクールを20年以上続けており、2015年にはグッドデザイン賞を受賞しました。