ソラスト立川 ホームヘルパー

掲載期間:2017-11-17~

お仕事No.:19011101

短期(3ヶ月未満)時間や曜日が選べる出退勤時間調整可能1日5時間以内勤務10時以降出社OK...もっと見る

お給料 ★昇給制度あり★ お仕事を頑張るとポイントが貯まり、お給与が上がる仕組みがあります!
身体介護 1,700〜2,525円
生活援助 1,300〜2,125円
※早朝・夜間は25%UP、日曜日は35%UPの金額になります。
地域・駅 多摩都市モノレール「泉体育館駅」徒歩7分
勤務時間/シフト 8:00〜20:00の間で、シフトにより決定。
月〜日曜で、勤務日数・曜日はご相談に応じます。
週何日、何時間でもOK!
PR ソラストの訪問介護は週1日から働ける自由なシフトで、プライベートと両立しながら無理なく働くための制度が充実しています。20代〜60代まで幅広い年齢層の社員が活躍しており、出産や育児などで一時的に就労を中断しても長く働ける環境が整っています。ダブルワークも可能です。

ホームヘルパー(非常勤)
→あなたとの会話を楽しみながら待っている方が、たくさんいます。訪問介護ならではのケアを。

募集要項

勤務先名 ソラスト立川 ホームヘルパー 雇用形態 アルバイト・パート
職種 介護職員初任者
仕事内容 ホームヘルパー(非常勤)
→あなたとの会話を楽しみながら待っている方が、たくさんいます。訪問介護ならではのケアを。
お給料 ★昇給制度あり★ お仕事を頑張るとポイントが貯まり、お給与が上がる仕組みがあります!
身体介護 1,700〜2,525円
生活援助 1,300〜2,125円
※早朝・夜間は25%UP、日曜日は35%UPの金額になります。
残業 非常勤・パート
地域・駅 多摩都市モノレール「泉体育館駅」徒歩7分 勤務時間/シフト 8:00〜20:00の間で、シフトにより決定。
月〜日曜で、勤務日数・曜日はご相談に応じます。
週何日、何時間でもOK!
勤務地 ソラスト立川/立川市柏町1-10-24 SBビル1F
待遇/福利厚生 ・交通費支給(全額支給)
・各種社会保険完備(雇用/労災/健康/厚生年金)
・資格取得支援制度
・健康診断
・損害保険・傷害保険(団体割引)
休日休暇 8:00〜20:00の間で、シフトにより決定。
月〜日曜で、勤務日数・曜日はご相談に応じます。
週何日、何時間でもOK!
歓迎するスキルと経験 介護職員初任者研修(ヘルパー2級)以上
選考プロセス ■エントリー(ご応募)
 ↓
■面接(回数は個人によって異なります)
 ↓
■内定
(※ご応募から内定まで、約2〜3週間を予定しています)

職場の特徴

  • 女性比率
  • 多い年齢層
  • 仕事スタイル
  • 職場の雰囲気
  • 既婚女性
  • 働くママ

メッセージ

・1対1で、ご利用者様にしっかりサービス提供をしたいという方。
・空き時間を有効活用してお仕事した方。
・朝や夕方、休日に効率よく稼ぎたい方。
 等、いろいろな方のライフスタイルに合わせて、お仕事が可能です。

企業情報

会社名 株式会社ソラスト
企業所在地 101-8638 東京都千代田区神田佐久間町3-2
事業内容 医療関連事業、介護・保育事業、教育事業
会社HP http://www.solasto.co.jp/
資本金 62億7576万円
従業員数 5,500名
あなたにおすすめの記事

立川市あれこれ

多摩地域の中心部、武蔵野台地に位置し、南を多摩川、北を玉川上水が流れています。面積は24.36km平方キロメートルで、市の木はケヤキ、花はコブシです。かつて陸軍の立川飛行場がありましたが、戦後は米軍の立川基地となりました。1977年、横田基地移転に伴い返還、基地跡は国営昭和記念公園、ファーレ立川、陸上自衛隊立川駐屯地、立川広域防災基地などに転用されました。国営昭和記念公園は四季を通じて様々な花を楽しめ、東京TAMA音楽祭などイベントも多く開催されています。園内には昭和天皇記念館もあります。ファーレ立川はオフィス、商業施設、ホテルなど複数のビルで成り立ち、各所に109のアート作品が設置されています。市の中心部、立川駅はJR三路線(中央本線・南武線・青梅線)と多摩都市モノレールが乗り入れ、乗車人員数は多摩地域最大です。ルミネ立川、グランデュオ立川、アレアアレアなど商業施設や、オフィスビル、行政機関がペデストリアンデッキで連結され、近未来的な様相になっています。駅近くには大型家具店イケアが都内で初めてIKEA立川を出店しました。立川市は首都圏の業務核都市に指定され、都市機能の整備、文化・研究・防災などの拠点形成を進めており、整備された実在の施設や街並みがアニメに登場するようになりました。立川市を舞台とする作品もあって、訪れるアニメファンが増加しアニメの町としても知られてきました。立川市子ども未来センターには2013年に立川まんがぱーくがオープンされ、大人も子供も楽しめる幅広いマンガが揃っています。市役所近くの南極・北極科学館は、国立極地研究所の運営で入場無料ですが展示内容が充実し、一番人気のオーロラシアターではドームスクリーンで実際に基地で録画された臨場感ある映像を見ることができます。また、東京消防庁の施設、立川防災館では地震や火事の煙を体験したり、応急救護や消化訓練など防災について楽しく学ぶことができます。