アパレル販売のパート特集

2018/2/16職種・こだわり別仕事ガイド

おしゃれが好き、人に喜んでもらうのが好き、そんな人はアパレル関係のお仕事がおすすめ。アパレルと言うと、若い人のイメージが強いですが、そんなことはありません。大人のファッションや働く女性のファッション、旅のファッション、雑貨や靴、バックなど物を扱う店舗、ルームウエアや下着など、アパレルといってもさまざま。あなたの好きな分野で、お仕事を探してみませんか?

1 アパレル販売ってどんな仕事?

アパレルパート あこがれはありながら、なかなか難しそう。未経験でもできるかしら? と悩んでいるあなた。さまざまなファッションの世界がありますので、挑戦してみませんか?

2 アパレル販売の仕事内容とは

アパレルの仕事は、店舗販売用品の在庫管理から、お客さんに似合うファッションコーディネート、レジ打ちなど幅広く、さまざまな側面を持ちます。いずれにしても、接客業のため、高いコミュニケーション能力が必要です。また、お客さんの見本となるようなファッションセンスや立ち居振る舞いが必要です。

2 アパレルの仕事。働く場所は?

アパレル販売の会社に勤めたとしてもすべて店頭に配属されるわけではありません。働く場所はいろいろあります

店頭

販売・接客の仕事以外にも、品出し、清掃、店のディスプレイの仕事も

バックヤード

バックヤード(倉庫)で、商品の搬入、確認、荷解き、商品の整理、品質管理などの作業が。

事務

伝票の管理 発注作業、顧客へのDM送付、顧客ファイルの作成・整理などの作業があります 店舗販売であっても、倉庫や事務所での作業に時間を費やす場合もあります。お仕事を決める前にそれらの仕事が、どのような割合で行われるかを確認したほうがいいでしょう。

3 アパレルの仕事。時給は?

平成29年賃金構造基本統計調査結果では、アパレル業界の(初任給)は全体の産業の中ではあまりいい方ではありません。 パートで働く場合の時給の平均も、東京で1000円を少し切っており、飲食店などに比べて少し押さえめ。これは、飲食業界ほど人手不足が深刻でないといえるかもしれません。

おしごとnetのアパレルの求人でのパートの時給は

  • 関東エリア 950円~1200円
  • 関西エリア 900円~1200円
  • と、関西の方が少し低めです。通常、関東に比べ、関西は100円近くの差がある分野もありますが。アパレルではその差は少ないといえましょう。

    4 アパレル販売に向いている人は?

    どんな人がアパレルの仕事に向いているのかしら?やはりおしゃれな人? いいえ、それだけではありません。

    人との話が好きな方

    ファッションが好きなだけでなく、接客を通じて仲良くなって、ファッションコーディネートまでできることがベスト。人との会話を楽しめる人が適しています。

    気配りができる人

    ファッションに関する知識を持ち、流行に敏感であること、販売する商品のこだわりポイントをきちんとつかむことが大切。また、お客さんの雰囲気やニーズに合わせて、配色や素材を選ぶことが出来る気配りとセンスが必要です。

    体力に自信がある人

    アパレルはおしゃれな一面ばかりがクローズアップされがちですが、実は一日中立ちっぱなしなことがほとんど。また、商品の出し入れなどにも、体力を使う仕事です。なにより健康なことが第一。立ち仕事に慣れている人は、この仕事に向いています。



    5 アパレル販売で働くメリット

    アパレルの仕事をしていると、どんなメリットがあるのでしょうか?

    お店の服を着られる

    アパレルの仕事は、最新のファッショントレンドを直ぐに着ることが可能。ファッションがすきな方にはたまらない仕事です。接客中はお店の服を着るのがルール化されているため、好きなファッションブランド、あるいは好きなファッションブランドを保持する店舗のアパレル販売のパートで働くことができれば、モチベーションアップにもつながりますね。 (店で働くときの服は支給される場合と買取をしなくては鳴らない場合があります)

    ファッション業界の動向について学べる

    アパレル業界で働くことで、業界動向や最新ファッションの情報を知ることが出来ます。また、素材やデザインなど必要な専門知識なども身に着けることが出来ます。

    接客スキルが学べる

    お客様との取引や会話を通じて、ニーズを引き出すスキルやコミュニケーション力が身に着けることができます。アパレル販売のノウハウは他の販売技術にも活かせるスキルです。

    アパレルの仕事の魅力

    多くのデパートに店舗を構える高級ブランドに勤めて27年  流山市Sさん

    この仕事の魅力は、接客の妙を感じられるということ。ファッションを介して、数限りない人たちと出会えて、時間を共有できること。その方の人生の一端を知り、その方に合ったワードローブ選びのお手伝いができること。時には洋服で、元気になってもらえる。などなど。たかが洋服。されど洋服。お客様からもパワーをいただきます。

    6 面接を受ける際の注意点

    さていよいよ面接。ファッション業界だけに、服装はどうしたらいいかしら? と悩みますね。必ずしも、面接を受けに行くお店の服を着ていく必要はありません。ほかの企業の面接と同じように、清潔で、清楚なファッションを心がければ大丈夫です。

    応募企業の情報を知る

    応募する店舗のファッションブランド情報を調べることが大切。商品がどんなポリシーで作られているか、お客様がどんなイメージかを知ることが必要です。

    お店の雰囲気に合った服装

    アパレル販売で大事なのはブランドイメージを崩さない事。センスが良くても奇抜過ぎる服装や質素すぎる服装はNG。そのお店の商品を着ていく必要はありませんが、お店の雰囲気に合った服装で面接を受けるようにしましょう。

    笑顔で明るい雰囲気で

    接客業で自分から声をかけることも多いため、相手からの印象はかなり大事。明るく、丁寧な物腰で面接に挑みましょう。

    7 まとめ

    アパレルの仕事は、かっこのいい一面ばかりでは、ありません。重い商品を動かすこともあり、体力のいる仕事。とはいえ、ファッションが好きな人にとっては、楽しいお仕事です。似合う服を提案して喜んでもらったり、お客様がイメージアップしたりするのを見ることが好きな方はぜひ挑戦してみてください。ブランドのターゲットはさまざま。40代、50代の主婦に長く働いてもらいたいと、考えている企業も少なくありません。

    新着・注目の求人


    忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

    「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。