「教える仕事」特集

2018/2/28職種・こだわり別仕事ガイド

「学校の先生になるのが夢でした」。そんな方へ。「先生になる」という夢を叶える仕事は、学校の先生ばかりでは、ありません。 資格がなくても「教える」楽しさ、充実感を味わえる仕事はいろいろあります。また、「私が人に教えるなんて無理です」と言う方も、もう一度自分のやってきたことを 見直してみませんか? 英語やパソコンの好きな人はもちろんのこと、「子育て経験者なら、ぜひ」という幼児教室や学習塾の仕事は多いのです。。

「学校の先生になるのが夢でした」。そんな方へ。

「教える仕事」は大きく分けてふたつ

教える仕事には大きく分けて二つの種類があります。
  • 資格がなくてもできるもの ●幼児教室の先生 ●ピアノ講師 ●英語講師 ●学習塾 など
  •    
  • 多くの場合資格を必要とされるもの ●スポーツインストラクター ●書道教師 ●発達障害の子どもに教える仕事 ●日本語教師 など
  •     
*保育士は、資格がないと「保育士」と名乗ることは出来ませんが、保育の仕事に携わることは出来ます
★保育のお仕事を探す方はこちら(資格がない方も)

★保育士の資格をお持ちの方はこちらに登録を

教える仕事に共通する魅力とは

それでは、教える仕事の魅力は何でしょう。実際に教えていらっしゃる、先生、インストラクターのかたにお聞きすると
  • 「できた!」という達成感を一緒にあじわうことが出来る。
  • 教えながら、自分も学ぶことが出来る「スキルアップ」できる仕事
  • 多くの場合自分の自由になる時間でシフトを組むことができる
  • 自分の子育てにも役立つ
などがあがって来ます。少ない時間から始められ、自分も勉強をしながら、成長できるのが、魅力のようです


幼児教室の先生に聞きました

資格がなくてもできる仕事ですが、幼稚園教諭や保育士、教員免許があれば歓迎されます。主婦の方が多いお仕事で、子育て経験が活かせるばかりでなく、仕事の経験を子育てにも活かせると、喜ばれています。保育園や、公共施設、民間施設などに出向く働き方と、事業主となって自宅で教室を開催するケースもあります。いずれの教室もしっかりとした研修があるので、初心者でも、挑戦を。

「幼児教室」現役の「先生」からもその魅力を

えんぴつ

●何かをできるようになったときの子どもたちの笑顔が忘れられない

「エンピツらんど先生」芝田由美子さん
家庭に入り、ブランクは15年。不安はありましたが、研修を受けて少しずつ自信を取り戻しました。「何かをできるようになったときの子どもたちのうれしそうな顔、それを毎日みることが出来るのは幸せなこと。そして、そのことを保護者に伝えると、また喜んでもらえるのがうれしいですね」。


■「エンピツらんど」は子どもの心を「褒めて育てる」課外教室、小学3年生までの児童に算数や国語を教える先生を募集!! 週1回、1時間からの勤務が可能です。
★「エンピツらんど」の「教える仕事」関東

★「エンピツらんど」の「教える仕事」関西

学研

●工夫してチャレンジ。伝わった時の喜びは他では味わえない

「学研幼児教室先生」七海恵子(ななうみあやこ)さん
自分のやり方で工夫を加えて、チャレンジできるのが、この仕事の大変なところでもあり、やりがい。それがうまく行き、子どもたちに伝わり、喜んでもらえたときのうれしさは、他の仕事では味わえないものです。ひとりの子どもと長くかかわり、その成長を見守ることができるのは楽しいですね。


■「学研幼児教室」は保育園や幼稚園で行う幼児の課外教室。週2・3日からスタートできる先生を募集。保育士・幼稚園教師、子育て経験者歓迎。研修充実。やりがいのある仕事
★「学研幼児教室」の「教える仕事」関東

子どもに英語を教える仕事

小さいころから英語が得意だった、留学や海外赴任の経験がある、大学の英文科を卒業など、英語を活かして何かをしたかったのに・・と言う方におすすめの仕事。もちろん子どもに教えるためには、子どもが好きで、忍耐強く教えること、子どもたちにいつも明るく接し、英語の楽しさを伝える力があることが必要。TOICEの制限などは、教室によって違いがあるので、問い合わせを。

「英語教室」現役の「先生」からもその魅力を

ヤマハ英語

●子どもたちの世界を広げる。やりがいのあるお仕事です。

「ヤマハ英語教室」講師 佐藤真紀さん
英語学習を通じて、〝伝えたい〟気持ちや人とつながる力を育む仕事です。英語が好きになった子どもたちは積極的になり、将来の可能性も広がります。海外留学にチャレンジする子もいて、本当にやりがいを感じます。


■「ヤマハ英語教室」では講師を募集中。音楽教室のノウハウを生かし、英語特有の音やリズムを楽しく教える仕事です。充実した研修やカリキュラムがあり、未経験者も安心。教える時間数は相談OK!!
★「ヤマハ英語教室」の「講師の仕事」関東

★「ヤマハ英語教室」の「講師の仕事」関西




子どもにスポーツを教える仕事

スポーツインストラクター、スポーツ指導員とは

サッカーや体操、陸上や野球など、子どもにスポーツを教える仕事は必ずしも資格が必要ではありませんが、インストラクターの講習会を開いたり、資格を認定したりする団体がいくつかあります。団体によって、資格は「チャイルドスポーツインストラクター」「キッズスポーツインストラクター」「ジュニアスポーツ指導員」などと呼ばれています。 子ども向けのスポーツインストラクターの資格の中で、最も有名なのは、日本体育協会の「ジュニアスポーツ指導員」。資格条件は満20歳以上で、申込は規定期間内に日本体育協会へ行います。

幼児体育指導員とは

また、「幼児体育指導員」として仕事をするには、関連する資格を取得してから実務経験が必要です。幼児体育系の学科やコースがある専門学校や、幼少年体育振興協会が行っている通信教育講座で取得することが出来ます。 職場は主に幼稚園や保育園と提携しての教室開催。スポーツクラブ内での教室開催など。また、個人で教室を運営することも可能です

子どもに日本語を教える仕事

3つの資格のなかから一つは必要

日本語教師は、特別な資格や教員免許が無くてもなれます。だからといって、日本語を話せたら誰でもなれるというわけではありません。多くは以下の3つのうちのひとつを要求されます
  • ①日本語教師養成講座420時間コースを修了していること(文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」方針に沿った講座)
  • ②「日本語教育能力検定試験」の合格(社団法人 日本語教育学会認定、年1回開催。合格率20%前後)
  • ③大学の日本語科の卒業
  • 日本語教師の適正は

    また、日本語講師の適正としては、日本語教師は「教える」という仕事ですので、基本的に教えることが好きな人。日本語に関する知識だけでなく、どういう教材が学習者の興味を引くのか研究できる人、異文化・日本文化に興味があり、異文化を受けいれることのできる人。そして子どもに教える場合は、根気よく教えることができること、子どもが好きなことが前提条件となります。

    子どもに書道を教える仕事

    書道教師として教室を開くには

    書道教室の先生になるために必ず取らなければいけない資格はありませんが、通常はいくつもある、流派に所属して「師範」の資格をとる必要があります。何の資格もなく、書道教室を開くことも可能ですが、師範の免許があった方が、客観的な信頼性を提示することができます。必須ではありませんが、こどもに教える場合には、教員免許も取得していれば、より信頼度は高まるでしょう。

    書道教師として学校で教えるには

    学校で書道を教えるためには、中学の場合は「中学国語」、高校の場合は「高校書道」の教員免許が必要です。このほかにも「文部大臣認可 全国書道教師資格認定試験」というものがあります。 1次試験から4次試験まで、その都度登録料を払わなくてはなりませんが、国家資格です。

    発達障害の子どもたちに教える仕事

    発達障害学習支援サポーター資格制度とは

    発達障害の子どもたちに教えるためには、発達障害に関する基礎的な勉強をしなくてはなりません。「発達障害学習支援サポーター資格制度」というものがあり、この資格取得のためには基礎的な勉強からすることができます。また、この発達障害についてすでに知識を持っている臨床心理士、社会福祉士、教員、保育士、看護師等の専門資格保有者の方は 資格養成講座から受講することができ、短期間で学習支援に関するノウハウを学ぶことが可能です。

    発達障害の子どもたちを教える仕事場は?

    発達障害の子どもたちは、全国の一般小中学校に68万人いるといわれており、主な職場はそういった、学校や病院など。また、民間施設などでは、資格や経験がなくてもサポートスタッフとして、仕事をできるケースがあります。

    教える仕事に適した人はどんな人でしょう

    この「教える仕事」に適した人はどんな人でしょう。各社の採用担当の方から共通して出てきたのは以下のようなポイントです。皆様が、「スキルや経験より、人柄、やる気が大事」と話されます。
    • 明るい人、前向きな人
    • 新しいことを知るのが好きな人
    • 人が好きな人、人の役に立てるのが好きな人
    •      
    • 子供を褒めるのが上手な人
    •      
    • 根気強く指導することにストレスを感じない人
    各社の採用担当の方から、もう少し詳しいお話を聞きました。

    「エンピツらんど」(ナーチャーウイズ株式会社)総務経理課 山本敏子さん
    教える仕事に適した人は、客観的に、モノをみることのできる方。柔軟に対応できる方ですね。教え方は企業によって、さまざまな理念があるので、その理念をしっかりと理解していただくことが大切です。「私にできるかしら」という方も多いですが、理念を理解し、明るく前向きな方なら経験がなくても大丈夫ですよ。

    ★「エンピツらんど」の「教える仕事」関東

    ★「エンピツらんど」の「教える仕事」関西

    「学研幼児教室」(株式会社 学研教育みらい)事業統括部事業推進部 営業企画課 野村五月さん
    「幼稚園教師や保育士の経験のある方を優遇しますが、ない方でも子どもに関わる経験のある方ならお願いをすることがあります。子ども達の成長に寄り添ってくださるかたを歓迎いたします」

    ★「学研教育みらい」の「幼児教室先生の仕事」関東

    ★「学研教育みらい」の「幼児教室先生の仕事」関西

    (株)ヤマハミュージックジャパン 英語教室推進課 上田雅子さん
    教える仕事というのは、子どもたちから、笑顔やパワーをいっぱいもらって、ワクワクできるお仕事です。向いているのは、まず明るく元気な方。 そして、教えることに情熱を持っている方。さらにヤマハ英語教室の場合でいうと、英語によるコミュニケーション、特にリスニング・発音に自信 がある方に来ていただきたいと思います。

    ★「ヤマハ英語教室」の「講師の仕事」関東

    ★「ヤマハ英語教室」の「講師の仕事」関西

    新着・注目の求人


    忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

    「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。