家事代行のお仕事特集

2017/3/14職種・こだわり別仕事ガイド

主婦力が活かせると人気の家事代行のお仕事。時間の自由が効くのも魅力。家事代行のお仕事を特集しました

共働き夫婦の増加、高齢者世帯の増加により、家事代行の市場は急速に拡大しています。家事代行は、これから、ますますニーズの高まる仕事です。

家事代行の仕事ってどんな仕事

家事代行みずやり 家事代行というと、外でまで家事をやりたくないわ。あまり得意じゃないし、という方も多いようですが、仕事としての「家事」は別物。プロの家事の技を習得でき、その技をプライベートにも活かせるのが魅力。また多くは登録制で午前中だけ、週1日だけ、1日3時間だけなど、時間の自由がきくので子育て中のミセスからも人気。一方今までやってきた家事の経験を活かせるとして、50代、60代のミセスの方も活躍をしています

【ハウスクリーニングとはどう違うの?】

家事代行サービスは基本的には定期的にお客様の要望やライフスタイルに合わせて、日常のお掃除や洗濯、お料理など家庭の家事をお手伝いするサービス。掃除用具や洗剤も基本的には家庭で使われているものを使います。 一方ハウスクリーニングは、専門的な技術を持ったスタッフが、換気扇やエアコンなどをを中心に業務用の洗剤などを使って汚れを落とすもの。大掃除など単発の利用がメインとなります

【家政婦さんとはどう違うの?】

家事代行サービスは、、家事代行サービスの会社と、雇用契約をしたスタッフが各家庭に伺うもの。一方家政婦は、家政婦紹介所などの紹介を受けてお客様のもとに伺いますが、お客様とは直接的な雇用関係となります。 たとえば、万が一、物損事故などの問題が起きた時、家事代行会社はほとんどの会社が損害賠償保険に加入しているため、個人にその負担が行くことはありませんが、家政婦は本人の負担となります

体験してみました!家事代行のお仕事

家事代行体験

あまりお掃除が得意でない「おしごとnetレポートスタッフ」の私、池田がテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の家事監修でもおなじみの「ベアーズ」さんで、家事代行の研修を体験しました。体験して感じたのは、しっかりと工夫されたマニュアルがあるので、初心者でも大丈夫。そのノウハウにはきれいになるコツが詰まっていて、我が家のお掃除にも活かせる! ということ。一生懸命働いた後には「ありがとうございます。きれいになりました」の笑顔! 短い時間ですが、働く喜びを感じてしまいました!

詳しいレポートはこちら「おしごと拝見」で

家事代行の時給は

家事代行の時給は、1000円~1500円。ただし、1件の依頼につき2時間から4時間と働く時間が、細切れになりがちなので、一定の収入を得るためには、定期的に指名してくれる依頼者をつかむこと、 仕事を受け入れることのできる時間、曜日を増やしていくことが必要です。
経験を重ね、スキルを磨くと時給はアップしていきます。また、状況に応じて、時給にプラスがされることもあります。 急な依頼、仕事の複雑さ(家事をやりながらのベビーシッターなど)、専門的なスキルを使うもの(栄養士のスキルを使った調理など)。これらは家事代行の企業により、ルールが違いますので、 確認をしてください。

家事代行のお仕事の魅力をまとめると・・・

家事代行のお仕事の魅力はは、どんなものでしょうか?実際に働いている方に聞くと、次のような声が上がりました

「プロの家事」を習得できる

 しっかりとした家事の研修をうけることができ、実習で先輩のわざをみることができるため、プロの家事の技が取得できる

近所の勤務を選べる

 仕事は、全国の住宅街にあり、自宅から近くの勤務をえらぶことができる

時間の自由が効く

 自分で働ける時間をしんせいすることができるので、短い時間しか働けない子育て中のママにもうれしい

家事代行のお仕事募集はこちら

参考【好きな家事、嫌いな家事ランキング】

主婦の好きな家事、嫌いな家事は?

【リビングくらしHOW研究所調べ】

1位 2位 3位
好きな家事 洗濯 料理 買い物
嫌いな家事 部屋の片づけ アイロン 部屋の掃除
主婦の好きな家事は、1位洗濯、2位料理、3位買い物。一方、嫌いな家事は1位部屋の片づけ、2位アイロンがけ、3位部屋の掃除。もしあなたが、部屋の片づけや掃除が好きなら、そのニーズは高いということです。掃除や片づけを仕事にして、給料を得、その分で料理や洗濯はプロの手を借りる、といった暮らし方もありますね。また、掃除や片づけが苦手という人は、家事代行のプロの指導で、レベルアップし、好きな家事に変えていくチャンスかも。お仕事を自分自身のブラッシュアップに利用しちゃいましょう。

新着・注目の求人


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。