テレアポのパート特集 

2018/2/28職種・こだわり別仕事ガイド

未経験から働けて、しっかり稼ぎたいという人に、テレアポのバイトが人気です。テレアポなら、特別な資格を必要とせず未経験から応募できます。しかも働きながらスキルアップできるので、やりがいも感じられます。時間の融通が利き、日々家事に忙しい主婦の方にもぴったり!今回は、メリットいっぱいで女性に人気のテレアポのバイトについてご紹介します。

関西地区のお仕事
関東地区のお仕事
  • 関東地区のお仕事

  • 関西地区のお仕事

エリア設定

関東地区(東京/神奈川/千葉/埼玉/茨城)

エリア設定

関西地区(大阪/兵庫/奈良)

テレアポのバイトのお仕事内容

setuyaku 高時給で服装自由、しかもインセンティブあり。そんなテレアポの仕事内容をお伝えします。

テレアポの仕事内容

テレアポとは、個人や企業を対象に行う電話接客業務です。正式にはテレフォンアポインターといい、顧客名簿リストなどをもとに電話をかけ商談や訪問の約束(アポイント)を取り付けます。また、アポイントを取るだけでなく、電話営業を行い商材やサービスの成約までを目指す場合もあります。 これらの発信業務を「アウトバウンド」というのに対し、受信業務は「インバウンド」といいます。インバウンドは、商材に興味や関心のある方からの問い合わせを受け、そこから電話営業を行う場合が多く成約率が高いのが特徴です。

魅力・やりがい

テレアポの魅力は高収入であることでしょう。1000円以上の高時給な求人が多く、スキルや成果に応じたインセンティブも支給されます。 時間の融通が利くことも魅力のひとつです。シフトの調整が利き、勤務時間帯が選べます。 また、コミュニケーション能力が向上し、正しい言葉遣いや営業力が身に付くため、スキルアップにつながります。

応募前の確認事項

テレアポのバイトに応募するときは、認識のズレがないよう事前に確認すべき点がいくつかあります。 例えば、給与の支払形態は月末払いか全額日払いか、ノルマはあるのか、交通費は全額支給か一部支給かを確認し、条件に納得した上で働くようにしましょう。

テレアポのバイトに受かるには

履歴書のポイントは志望動機の書き方にあります。テレアポのバイトの場合も、書き方にコツがあります。 テレアポのお仕事には必須の資格はありません。もちろん、扱う商材に関連する資格や知識があればより有利です。また、テレアポに向いている人の特徴として、「会話が好き」「物事の説明が上手」「ポジティブで精神的にタフ」「商品やサービスを詳しく調べるのが好き」などが挙げられます。これらを志望動機に組み込むことが大切です。

経験者の志望動機例

「前職はコールセンターに勤務し、健康食品の案内や営業を担当しておりました。月間の成約実績がチーム内で1位だったこともあります。ここで得た経験を生かし、即戦力となれるよう今後はさらに対応力を磨きたいと思っています」 実務経験を強みに、即戦力で活躍できることをアピールします。経験者はブランクがあっても優遇される場合が多いので、過去の具体的な役割や実績をしっかり伝えましょう。

未経験者の志望動機例

「私は昔から人と会話することが好きで、コミュニケーション能力に自信があります。子供の学校ではPTAの役員を務め、教員や保護者の方々と連携をとりながら、運動会などの行事を成功に導きました。そういった経験と自分の強みが、コールセンターでの仕事にも活かされるのではないかと考え、応募いたしました」 なぜテレアポの仕事を希望するのかを明確にした上で、積極性とやる気を伝えるのがポイントです。

資格・知識

上でもお伝えした通り、関連資格を持っていると有利なことは確かです。お客様に自信を持って勧めるためには、取り扱う商品・サービスのことを自分自身がよく理解しておかなくてはなりません。 例えば、化粧品会社のテレアポをするのであれば、美容に関連した知識や資格。Webサービスの会社で働くのであれば、Web関連の知識や資格があると、採用担当者の目に留まりやすくなります。

コールセンターで働くときの服装は?

電話はかおが見えないから、服装は自由。と思われがちですが、せいふくの着用を義務付けているところもあります。また、働く気持ちの乱れがないようにと、いくつかの服装の制限を決めているところも多いのです。 たとえば、ミニスカートや、過度に肌を露出している服や、厚底のブーツ、派手なネイル、香りの強い香水などを禁止している職場も多く、また、ネックレス・ピアスなどの装飾品をNGとしているところもあります。服装の決まりを働く前にチェック、出社1日目には、スーツをきて、職場の様子をみるのがいいでしょう。

基本的な電話の極意

明るい第一声が大切

姿がみえないといっても、その人の姿勢や態度は、声に表われます。声と姿勢は関連してくるものなので、テレアポ中は自分の姿勢に注意することがいい声を出すテクニックです。相手に好印象を与えるためにも、セールスポイントなどをわかりやすく伝えるために、はっきりと明るい声をだすこと。顔を知らない相手だからこそ、第一声が印象を左右する重要な要素になってきます。

効果的な自己紹介を

テレアポの極意は、まず挨拶。それも相手が構えてしまうような堅苦しい言葉ではなく、「おはようございます」や「こんにちは」、「お世話になっています」など、相手が思わず返事をしてしまうような挨拶で始めます。自己紹介をしたら電話を切られると思い、用件を始める方もいますが、自己紹介は大切です。しかも、ただ会社名と名前を名乗るだけではなく、会社のイメージが相手に伝わりやすく自己紹介をするのがポイント。

重要なことを素早く伝える

そしてそのあとの話しを組み立てておくこと。余計な言葉を話すことなく、重要なポイントを早く相手に伝えることが大切です。自己紹介をしたあとの相手の対応に応じて、効果的な話の進め方を臨機応変に組み立てることが必要です
tereapo

電話のマナー プロからのひとことアドバイス
「のちほど御電話差し上げます」「間もなく席に戻ります」日常よく耳にする表現です。 しかし、電話応対の場面では大変危険な言葉です。 「のちほどお電話を差し上げます」と言われた私は、「1、2分」経ってもかけてこないのでイライラし始めます。しかし先方の「のちほど」は「10,20分」と思っていたらしく大変なズレがありました。 どうとでも解釈できるあいまいな言葉は、自分に都合の良いように受け取る傾向があります。 ここからクレームに発展することも少なくはありません。 誤解の起きやすい電話では、「○○分後にお電話差し上げます」と具体的に伝えることでこの方で良かったという安心感のある電話応対になります。

ビューティフルナマー株式会社代表。公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 電話応対コンクール 審査員 岸田輝美さん

テレアポのバイトで時給UPのコツ

テレアポのバイトで働くことが決まったら、スキルを上げるコツやノウハウをつかんでしっかり稼ぎましょう。

テレアポのシステムを理解

成約率を上げたいのであれば、テレアポの役割を認識・理解することが大切です。 テレアポは、商品を売り込む場ではなく、直接会って話を聞いてもらうチャンスをつくる仕事です。相手の顔がわからない状態で一方的に商品を売り込もうとするのではなく、会う機会をつくってもらうことを意識しましょう。

誠意を持って話をする

取り扱う商品の優れた点を研究し、心から相手に紹介したいという気持ちで取り組みます。相手を騙したり、上手く丸め込もうとしても良い結果にはつながりません。一方、誠意を持って相手に役立つ話をすれば、その気持ちはきっと伝わることでしょう。

詳しく説明しすぎない

要件は最初の10秒で伝えましょう。前置きが長くなるだけ断られる確率も上がります。詳しい説明はせず、直接会ってもう少し聞いてみようかな、と思わせることが重要です。

全員からアポを取ろうとしない

必ず契約を取ろうと意気込むと、力が入りすぎて逆に警戒されてしまいます。断られることを恐れず、こちら側もお客様を選ぶというスタンスで臨みましょう。見込みがなければ見切りをつけることも大切です。

電話に適したトーン・テンション

明るく元気に話をするのは良いことです。しかし、電話口の状況はさまざま。忙しい時や疲れている時にテンションの高い電話を受けると、イラッと感じる人もいるかもしれません。まずは自然体で話を始め、徐々に相手のテンションに合わせていきましょう。

スキルアップしながら自分らしく稼げるテレアポのバイト

限られた時間の中で効率よくバイトをしたいなら、時給の高さは最優先事項の一つです。しかし、お金だけで決めるのはもったいない。テレアポなら、服装や髪形が自由な環境で、幅広い年代層の方々がやりがいを持って活躍しています。気の合う仲間との出会いも得られるはず!興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

テレアポでの研修は一生の宝に

テレアポの経験がないけど大丈夫かしら? との心配はいりません。多くのコールセンターでは、しっかりとした研修があります。そしてその研修は、あなたがこれから企業で働くときにも、また実生活でも役立つもの。しっかりとした研修のある職場を選び、スキルを身につけることをお勧めします

新着・注目の求人


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。